2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恐山では憔悴しきって、温泉に入るのを忘れてしまった。
湖岸で呆然としていたため、時間も夕刻に迫っていた。
本当は下北半島の西の果て、仏ヶ浦にて夕日を眺めたかったのだが、
とても間に合わないだろう。
下北半島は思った以上に広かった。
そこで、奥薬研温泉の露天風呂で疲れを癒した後に、大間崎を目指すことにした。
本州最北端で夜を明かすのもまた一興かと。


恐山から北へ、山道を下っていく。
そのうちに大畑川にぶつかるので、左に。
そこが薬研温泉だった。
奥薬研温泉かっぱの湯は、大畑川沿いに作られた無料の露天風呂で、
番台も洗い場も男女の別もない温泉だった。
溢れたお湯はそのまま川に流れるので、体を洗おうと持って入った石鹸類を使うことはあきらめ、
手ぬぐいでゴシゴシ体をこするのみにして、ゆっくり湯に浸かった。

ある程度気分も回復。
空はすっかり暗くなってしまったが、半島の北辺を目指し、大畑に抜けた。
大畑からの国道279号線は、ひたすら海岸ギリギリを通っている。
視界の右はずっと海。海の向こうは北海道だ!
といっても、夜なので真っ暗だ。曇っているので星さえも見えない。

と思っていたが、風間浦町に入ったころからだろうか、
妙に空が明るくなってきた。
漁火だ!
このあたりはイカ漁が盛んなのだ。

蛇浦海岸のあたりで、車道の脇に車を停めた。
漁火に浮かび上がる小島の影に惹かれたのだ。
草島と、漁火の津軽海峡。

web_090801-212258.jpg

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。