2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仏ヶ浦の入り口には、地蔵堂がある。

そこで参拝していると、おばさんに声を掛けられた。
遊覧船の女将のようだが、客引きが目的ではなく、
私がお堂に手を合われている姿に興味を惹かれたそうだ。

世間話の中で、仏ヶ浦の奥座敷とでも言うのか、
霊水の湧き出る聖域があることを知った。

仏ヶ浦の波に洗われる奇岩群に比べて、
聖域は地味な上に行きにくい場所にあるので、
その事を知らされなければ素通りするところだった。


web_090802-131232.jpg


奇岩と奇岩に挟まれた通路から水溜りが続いており、
容易には超えられないので通常は迂回したくなる場所。
そのような水溜りは他に幾らでもあったのだが、
ここだけは緑色の藻がびっしりと生えていた。
藻はおそらく淡水に育む藻なのだろう。
その先に霊水が染み出していることが想像できた。

通路は幅3mくらい。
岩の縁を水に浸からないようにそっと進む。
行き着いた先には、不思議な空間があった。

web_090802-124638.jpg

入り口以外を岩壁に囲まれた小さな浜辺。
あまり人が来ないからか、純白な砂は穢れを知らないようだ。
左隅に、お地蔵様が祀ってあり、その脇から湧き水が染み出している。
これが霊水だ!
それにしても不思議なのは、正面の岩壁。
綺麗な三角形を描き、さらにそこだけ色が違う。
人の為しえる業ではないのはあきらかだ。


聖域の真ん中に立って感じたのは、ここが「胎内」だということ。
外部から守られている上に、恵みの水も与えられている。
もっとも、洞窟に胎内を見出すのは全国どこにでもある習俗ではあるが、
洞窟の多くは生まれ出ることを目的にしているのに対し、
こちらは帰るべきところとでもいうのか、ずっとこの場に居たいと思わせるものがある。

霊水は、これまたよくある話で、
1杯飲むと10年長生き、2杯飲むと20年長生き、3杯飲むととことん長生き、
という話だ。とりあえずいっぱい飲んでおいた。
場所が場所だけに、寿命尽きる前に亡くなった人の、
魂の雫を飲んでいるようで複雑な気分ではあった。


聖域から再び岩場へ。
仏ヶ浦はまだまだ続いているようだ。
いかにもここを通れといわんばかりの、
しかしいかにも波を被って海に落ちそうな天然の道があった。

web_090802-130659.jpg

危険な気もしたが、その先に観光客が居たので意を決して通ることに。
しかし何を思ったか、観光客は私が足を踏み入れたと同じタイミングで引き返してきた。
おいおい、こんな足場の悪い場所ですれ違いか…

なんとかやり過ごし、その先へ。


web_090802-130620.jpg


これはまた不思議な…

どうしてこの場所には、人智を超えた岩ばかりあるのだろう。
先の尖った岩は、隣の岩壁から剥離したものだろうか。
だとしたら、上手い具合に地面に刺さったものである。
人間が「三角」や天に突き出した「柱」を神聖視することを知ってか知らずか。


こういうものを見せられたら、行かずにおられないのが性。
足場を探る。




…が、さすがに辞めておいた。
目の前の岩たちがおいでおいでをしているで…
これ以上行ったら本当に帰って来れないような気がしたのだ。

web_090802-125109.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。