2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_090808-091212.jpg



8月7日
羽黒修験の修行体験に参加したときのこと。

修行体験のことを知ったのは旅に出る直前で、
友と別れる予定日の翌日に、同じ山形で修行体験の参加者を募集していた。
申し合わせたようなタイミングに、迷わず参加表明。

集合場所に着いてみると、同年代の人が多くてほっとした。
山伏修行という特殊さだけあって、自分と似たような業種の人が多く、
その点でも居心地は良さそうだった。

修行を詳しく書くときりがないので、感想を中心にざっと。

1日目
13:30 集合 オリエンテーション 山伏装束に着替え
14:00 峯中式
14:30 中台(拝所)とそう行
17:30 床固め(座禅)
18:00 壇張(一汁一采)
19:00 夜間とそう行
21:30 南蛮いぶし
22:00 勤行
00:00 就寝

宿坊に集合し、山伏装束を各自手渡される。
白の半着に白の袴、白の越中褌に白の帯、白の脚絆に軍足、
白のさらしを頭に巻き(宝冠という)、白の地下足袋に金剛杖。
そして何より大事なお〆これを常に首に掛ける。
これが羽黒の山伏装束だ。
2泊3日の全行程、この装束を着の身み着たままで過ごす。

宿坊の祭殿にて峯中式を行い、祝詞を称える。
先達の祓詞の後に、皆で三語、般若心経、三山拝祠を奉唱。
今回お世話になったのは神道系の修験なのだが、
今年のテーマは神仏習合なのだそうで、般若心経を祝詞の間に挟む。
これら一連の奉唱を、これから3日間、至る所で繰り返すのだ。

そしていざ、お山に向かって出発。
ここで戸惑う。
参加者全員、ちゃんとしたリュックと、雨具を持っているではないか…
私はちゃんと必須道具の確認をする前に旅に出てしまったので、
そんなことは一切知らず…
というよりも、山伏は雨でも濡れながら歩くものだと思ってた(笑)
仕方がないので、風呂敷包みを胴に巻き付け、借りた雨具と水を携帯した。
山伏の中でも時代錯誤の私って一体…

登山は十何年ぶりだったので、正直不安だったのだが、
この日に備えて毎日地下足袋で歩いていたので、大丈夫だった。
そもそもよく考えたら、普段から山中の神社を歩いているし…
一日目の山中とそう行(巡礼のこと)は、羽黒三を巡るだけだったので、
案外余裕だった。

宿坊に戻ると、床固め(座禅のこと)。
壁に向かって30分、何も考えず座禅。
動いたら肩を叩かれるわけではないが、それだけに自分との戦い。
とにかく疲れない姿勢を模索。

そして壇張(だんばり)。食事の事だ。
一杯の白飯に一杯のみそ汁、そして漬け物。
これだけ。
「山伏は速飯です。餓鬼のようにむさぼり食うべし。」
とのことで、先を競うように食い終わる。
最後に茶碗に白湯を注ぎ、胃に流し込む。
これで食事は終わり。

食事も終わったし夜も更けた、これで一日が終わりかと思いきや、
夜間とそう行が待っていた。
山伏の夜は長いのだ。
初日は山には入らずに、麓の里を練り歩く。
闇夜に白装束の集団が歩いているのは、かなり怖い。
事情を知らない旅行者などがこれに遭遇すると、一目散に逃げ出すだろう。
田畑に飛び交う蛍がきれいだった。

夜はまだ終わらない。
お次は南蛮いぶし。
密室にこもって唐辛子など香辛料を炭火でいぶすのだ。
当然煙りが目と鼻と喉を刺激し、体液が溢れ出る。
穢れをこれで流し出そうということか。
狭い部屋の、一番先頭に座った。
後ろから団扇で扇ぐので、先頭ほど煙が充満すると言われていたが、
ろうそくの朧げな灯りに照らされた出羽三山の神の掛け軸が、
せめてもの救いと思い、先頭に。
煙が喉を刺激し、咳が出ると、更に喉が刺激される。
この悪循環に陥ると絶対絶命だ。
とにかく、心を落ち着け、呼吸を極力静かに行う。
これでなんとかこらえる事が出来た。
夕方の座禅もそうだが、一連の行は、呼吸法を身につける訓練でもあるようだ。

そして解放。
空気がこれほどうまいと思った事はない。
勤行を行い、夜12時、就寝。
明日は4時起きだ。早く寝ないと身体が持たない。
そのような事を考える暇もなく、眠りについた。


2日目
4:00 起床
4:30 水垢離
5:00 床固め
5:30 壇張
6:00 月山・湯殿山とそう行
14:00 湯殿山滝行
17:30 床固め
18:00 壇張
19:30 夜間とそう行
21:30 南蛮いぶし
22:00 勤行
00:00 就寝

「ぶぉぉぉ~~~~」
法螺貝の音で強制起床。
皆黙々と布団をたたみ、黙々と山伏装束を身に着ける。
庭に集合、「おな~り~」の声とともにお山に向けて出発。
訓練の行き届いた兵団みたいだ。
杖の音を響かせながら、出羽三山神社の鳥居をくぐる。
随神門をくぐると、急な石段が下に続いている。
露に濡れた石段を滑らないように降りて行くと、沢にたどり着く。
沢の前には社が並んでいる。
この社の軒下を借りて、全員褌一丁に。(宝冠は外さない)
ちなみに女性は浄衣1枚。浄衣の方が水切れが悪くて寒そうではある。

禊の前には準備体操というか、作法がある。
川面凡児の鎮魂法のうち、「鳥船神事」と「息吹」と呼ばれるものだ。
「鳥船」は、船の櫂を漕ぐ動作を、えっさ、えっさ、えっさ、と繰り返す。
「息吹」は、両手で大気を包み込むようにして頭上にあげ、
手を合わせて胸元まで降ろしてくる。それに合わせて深呼吸だ。
最後に「エイ!」と気合いを入れて、水に入る。

夏とはいえ、早朝の山の中。
山の上から流れてくる水は冷たい。
寒さを克服するには、肩まで水につかってしまう事。
気合いを入れて身体を水に託してしまうと、不思議な事に、
身体の中から温かくなってくる。
皆で奉唱。声を出せば出すほど、身体は熱くなってくる。

水から上がった頃には、寒さも眠気も吹っ飛んだ。
三語の一説に、「諸々の罪穢れ 祓い禊て清々し」というのがあるが、
まさに「清々し」とはこのことなのだと実感した。

宿坊に戻り、床固め。
そして壇張。
相変わらず一汁一菜。
我々は体験修行者ということで、昼にはおにぎりが出るらしいのだが、
本格的には、朝晩2回の一汁一菜だけで何日も過ごさないといけないのだ。
この3日間だけでも、体力が持つのか心配なのに…

そして、月山と湯殿山のとそう行に向かう。
宿坊から月山までは距離があるので、登山口まではマイクロバスで。
今日は本格的な登山コースを、一般の登山客に混じって進む。
登山客と違うのは、我々は軽装で地下足袋だということ。
月山は、木が無く瓦礫の道が多い。富士山に似た山容をしている。
岩の角が地下足袋の足の裏を刺激して気持ちいい。
軽装で山に登ると、山と一体化した気分になれるようだ。
残念ながら、この日は辺り一帯が霧に包まれ、展望は望めなかった。
視界の訊かない足下の悪い道を、前を進む人の足元を見ながら進む。
危険な道も、先人の足取りを辿る事で越えて行ける。
千何百年も積み重ねてきた足跡に、私の一歩も加わった事が、密かに嬉しい。

web_090808-120538.jpg

月山の頂上は、月山神社の本宮となっており、
人形に穢れを吹き付けてから聖域に入る仕来りになっていた。
我々もそれに倣い、神前で奉唱。
ちなみに三山拝祠はお山を讃えた祝詞なのだが、
この節回しというか調べが、とても美しいものだ。
お山の頂で三山拝祠を唱えると、とても気持ちがよい。

山小屋でキノコ汁とおにぎりで昼食を摂り、午後は湯殿山に抜ける。
湯殿山に続く道は、月山の瓦礫道と違って土の道だった。
木々も増え、緑の匂いが濃密になってくる。
途中、わき水を掬い飲む。うまい!
雪解け水で手が凍えるが、登山で火照った喉に胃に身体に、気持ちよく凍みる。

web_090808-134522.jpg

今回の修行で知り合ったある人は、
10年前、今回と全く同じ道を歩いた事があると言った。
無鉄砲にザック一つで山に入り、月山を越え湯殿山に抜ける途中で日が暮れた。
不幸にも天気は大雨に。一夜を過ごす装備もない。
途方に暮れていると目の前に雷が落ちた。
怖くなって無我夢中に駆け下りたのが、今回たどったコースらしい。
それを、歩いているうちに思い出したそうだ。
下り道は、とても走って降りられるような道ではないのだが、
夢中になると人はとんでもない力を発揮するものだ。
そして時が経ち、また彼は出羽三山に呼ばれたのだろう。
生かされてるのはお山の神のおかげと、彼は実感して生きてきたそうだ。
人にはそれぞれ、山に入る理由がある。


急勾配の崖を梯子でくだり、山陰のなだらかな道に辿り着いた。
この道は雪がまだ残っていた。
その雪が雪解け水となって、沢になっていた。
沢に沿って進むと、湯殿山神社の御神体に辿り着く。

湯殿山の御神体に対面するのは一年ぶりだ。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=914496806&owner_id=40168
当時はまさか一年後、山伏の姿で湯殿山を訪れる事になろうとは、
夢にも思わなかった。

湯殿山の御神体については、口外禁止につき秘しておく。
歩き続けた足を癒してくれる、母なるぬくもりとでも言っておこうか。
車で一息に乗り付けた一年前とは、当然ながら感じるものが違ったものだ。

web_090808-143949.jpg


湯殿の御神体との再会を終え、今度は沢に降りて行く。
獣道としか思えない道から沢に入り、沢を上って行く。
もはや道は、ない。

やがて滝に辿り着いた。
滝行だ。
即座に下帯一丁になる。
みな一応怖がってみせてはいるが、そんな事はないだろう。
山歩きで火照った身体には、滝の冷たさが気持ちよいはずだ。
たとえそれが、さっき見た雪解け水だとしても。

先輩たちの様子を見つつ、滝に入った。
裏から入った為、滝の本流に打たれる事もなく、案の定気持ちが良い。
長い時間をそこで過ごしたが、物足りない気がして、
本流に打たれてみようと思った。
私は生まれつき、修行を好む体質なのだw

先達が滝に打たれていた場所に入ってみた。
さすがにすごい水圧に身体が押し崩される。
その場で足を組み、座って耐えた。
滝に打たれながら、何を唱えて良いのか分からないので、
とりあえず般若心経をひたすら唱えていた。

web_090808-150953.jpg


滝から出ると、足腰が立たなくなっていた。
膝がガタガタと震え、自分の意志ではどうにもならない。
やっとのことで装束を着たのだが、振り返ってみると、
まだ滝行を続けている猛者が居た。
先達は「やり過ぎは意味がない」と笑っていたが。

web_090808-152833.jpg

沢を下り、湯殿山神社の参道を歩き大鳥居へ。
大業を終えたことで、気分は晴れ晴れとしていた。
滝に打たれた効果なのか、後頭部に爽快感がずっと残っており、
視界に飛び込む景色が冴え渡っていた。


さて、これで二日目が終わったわけではない。
修行は淡々と続くのだ。
宿坊に戻った後は、床固め、そして壇張。
もはやここまで来ると、食事の少なさなどは全く気にならなくなっていた。
現代人の生活が、いかに無駄に食しているかを思い知らされた。

夜間とそう行は、少し山道を歩いた。
一人では絶対に歩きたくない闇の中、
しかも、林の中の祠を巡って、奉唱。
しかし、月山登山を終えた我々には怖いものがなかった。
奢りとは怖いもので、緊張感をなくした一行は、ついつい雑談が。
先達に怒られ、我に返った。
まだまだ修行は続いているのだ。

宿坊に戻り、昨日と同じく南蛮いぶし。
二日目は更に強力な配合で、昨夜得た呼吸法では間に合わない。
脱落者が続出する中を、掛け軸の三山神像を頼りに耐えていたが、
なんと、充満する煙の中で、祝詞の奉唱を始める猛者が現れた。
それに続こうと声を出すが、とてもじゃないが耐えられない。
途絶え途絶えになりつつも、必死で唱えた。
はっきり言って、もうどうにでもなれ、の心境だ。
後に先達が、「本格的な修行でもあれはない」とあきれた程の荒行だったらしい。

最後に勤行を終え就寝。
この日もあっという間に眠りについた。


3日目
4:00 起床
4:30 水垢離
5:00 羽黒山とそう行 床固め
8:00 火渡り
8:30 出生式
10:00 やまぶし温泉入浴
12:00 直会 

もう慣れたものだ。
法螺貝にさっと起き、黙々と出発の準備。
昨日と同じ禊場へ。
この日は日曜日だったため、ちらほらと観光客がいたが、
おかまいなしに褌一丁になって、入水。

昨日と違う事は、このまま宿坊に戻らず、つまり朝飯抜きで、
羽黒山とそう行に入るという事。
しかし、もはや空腹さえも心地よくなっていた。

羽黒山の長い石段を上り終え、出羽三山神社へ。
拝殿に上がり、正式参拝。
三語、般若心経、三山拝祠。
長い羽黒修験の、特に神社系と仏教系に分かれてしまった明治以降、
出羽三山神社の正式参拝に般若心経が唱えられることは無かった。
ある意味タブー視されていたことを、今回試みてみたそうだ。
悲しきかな、政治の仕組みで修験道が表向きには廃止され、
神道と仏教に分かれて存続して行くなかで、
お互いに齟齬が生じてしまったのだ。
今回、神社での般若心経のさなか、なにかが起こっていたらしい。
先達はそのことについて、「お山の神も喜んでいたのでは?」と語っていた。
何が起こっていたのかは私は気がつかなかったが。
それはともかく、この参拝がすばらしかった。
最後にその場で額ずき、幣束で清めてもらったのだが、
と~お~つ~か~み~え~み~た~ま~え~
の詞とともに、頭上から清らかな光が降りてきた(ように幻想した)。
そして、幣束が自分の背中に触れたときには、
目を瞑って額ずいているはずなのに、大きな光に包み込まれたようで…


宿坊に戻り、先輩が火を熾し始めた。
とたんに、たき火ほどの炎が立ち上った。
これを順次、走って飛び越える。
飛び越える時には力一杯「おぎゃ~~~~!!」と。
これは新たな誕生である。
山から下りて、生まれ変わった自分の誕生式である。

これで、修行は終わり。
温泉で修行の垢を洗い流す。
修行の山の近くには必ず温泉があるが、これはすなわち「産湯」なのだ。
再び俗世の生活に戻った我々。

宿坊で直会。
山伏式は、大杯で日本酒を回し呑み。
次々と倒れて行く修行者たち。
これは愉快。
こんな馬鹿酔いする事など、滅多に無いだろう。

そして、次々と解散して行く。
また来年、集うことを誓い合って。

web_090809-141612.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。