2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この連休は妻の実家の諏訪に帰るつもりだったが、
あいにく私が風邪でダウンしてしまったので、
家に閉じこもって日記を更新している。


実は今年の盆にも諏訪に帰っていた。
諏訪は近いこともあってよく帰るのだが、
これまであまりじっくり周辺を見て回ったことはなかった。
それが相手の実家のつらいところ。
自宅のように、一人気ままに出かけるわけには行かないのだ。
よって、出かける際には妻を連れて行かなければならないが、
現代っ子の妻が私の趣味に付き合うはずもないのがつらいところ。
今回は、うまいこと言いくるめて沢山回ってきた(笑)



「諏訪盆地には、出雲の国の国譲り神話とは別に、
もう一つの国譲り神話がいい伝えられています。
そのことは、室町時代初期に編まれました
『諏訪大明神画詞』などに記されています。
それによりますと、出雲系の稲作民族を率いた
建御名方神がこの盆地に侵入しました時、
この地に以前から暮らしていた洩矢神を長とする先住民族が、
天竜川河口に陣取って迎え撃ちました。
建御名方神が手に藤の蔓を、洩矢神は手に鉄の輪を掲げて戦い、
結局、洩矢神は負けてしまいました。」
(神長官守矢資料館のしおりより抜粋)

060813_6057.jpg


神長官・守矢氏。
表札に本当にそう書いてあるのを見て感動を覚えた。
神話の中に登場する一族の家の玄関が、自分の目の前にあるのだ。

天竜川河口の戦いの後、建御名方神は洩矢神を滅ぼさなかった。
建御名方神は諏訪氏として現人神・大祝(おおほうり)になり、
洩矢神は守矢氏として神職筆頭の神長官という地位についたのだ。
以来、七十六代守矢実久氏に至るまで、つまりは明治五年の
世襲神官制の廃止に至るまで、守矢家が務める神事の一切は、
一子相伝により「くちうつし」で伝えられてきたのである。
現七十八代目当主・守矢早苗氏には、その概要しか伝わっておらず、
古代からの秘伝が明治で途絶えてしまったのは非常に残念であるが、
この家の神事が一般に知れ渡る切っ掛けとなったのも、
明治に一子相伝が途絶えたことによる。
そう考えると、何とも皮肉なものである。

一子相伝で伝わる秘伝とは、
一、ミシャグチ神祭祀法
一、御室神事の秘法
一、御頭祭に行われる御符札の秘法
など、年内神事七十五度の秘法を始め、
一、祈祷殿で行う蟇目の神事法
一、家伝の諏訪薬の製造法
一、守矢神長の系譜
などだったらしいが、実際に七十七代真幸氏が
七十六代実久氏に口伝を受けたのは、
ミシャグチ神御頭占法と蟇目神事についてのみであった。
それも、今では途絶えてしまったそうで、非常に残念な話である。

守矢資料館は守矢家の敷地内にあった。
守矢家の敷地には、資料館の他にもミシャグチ神を祀る社や、
歴代の墓地、はたまた御先祖の古墳などもあり、
その歴史の深さを嫌が応にも感じさせる。

060813_6059.jpg


資料館に入ると、いきなりショッキングな光景が飛び込んできた。
心臓の弱い方や動物愛護の方は画像をクリックしないように。
この動物達は、御頭祭で奉納される生贄である。
もちろんこれは剥製であり、今より二百二十年ほど前の
博物学者・菅江真澄のスケッチを参考に復元したものである。
今でも残る上社前宮の十間廊に七十五頭の鹿の頭など
様々な供物を並べ、大勢の神官がそれを下ろして食べる。
壮絶な神事である。
写真の一番奥にある太い柱は御贄柱といい、
十間廊の神事の後は、この柱に御神(おこう)という、
紅の着物を着た八歳くらいの子供に手を添えさせ、
柱ごと人々が力を合わせて十間廊に敷いた竹の筵の上に押し上げる。
そして、柱に矢や刀で傷を付け祝詞をあげ、
最後には御神を縄で縛り付けてしまうのだ。
この辺りが神事の最高潮で、その後馬に乗った使者が登場し、
御贄柱を担ぎ上げた神官達がそれを追うように庭を七周し、
長殿の前の桑の木の下で御神の縄を解き神事は終わる。

菅江真澄は神事の様子をこのように書き記しているが、
かつては御神を殺したそうだ。
現在の御頭祭では、供物は剥製を使うらしいが、
写真資料を見たところ、相当異色の神事と思った。
機会があれば、是非見てみたいものである。


資料館をでて右手を見ると、高見にこんもりと木が生い茂っている。
これが御頭御社宮司総社である。御社宮司と書いてミシャグチと読む。
これこそがミシャグチ神を祭る社なのだ。

060813_6061.jpg


境内はこの地方の神社の例に漏れず、御柱が四方に建っている。
社は閉まっていたが、どうも扉ではなく板が直接正面に
はまっているような作りだった。
ミシャグチ神の御神体は蛇形とも陽物形とも言われているが、
実際はどのような形をしているのだろうか?
ここにあるとも、はたまた形があるとも限らない話だが、
いつかはこの目で確認してみたいものである。

御頭御社宮司総社境内には、上手に小さな祠が2つあり、
ご丁寧に、それぞれの四方にも御柱が建っていた。
祠の位置から諏訪湖方面を眺める。

060813_6069.jpg


諏訪湖と諏訪の街と八ヶ岳の稜線が一望できる。
この地の神の鎮座する場所として、
これ以上に相応しい場所は無いだろう。
神長官守矢家が、縄文の昔からこの地に居を構え続けている理由も、
うなずけるというものである。


ちなみに手前に見える建物が、守矢資料館。
建築家・藤森照信氏が手がけた建物で、新しいのに懐かしい、
この地によく馴染んだ素晴らしい建物だった。

なお、守矢家の裏手には藤森氏が手がけた高過庵が、
これまた不思議な空気を漂わせているのだ。

060813_6088.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。