2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


竹生島から長浜港へ戻ったのは15時少し間。
空はどんより曇り、雨がたまにポツポツ落ちてきていた。

友人のYさんとはここでお別れ。
残ったメンバーはこの日の宿泊地、和歌山へ向かう予定だが、
その前に奈良へ立ち寄り、特別公開中のキトラ古墳壁画を見る事に。
こんな時間から大丈夫か?とも思ったが、
高速を使うとあっという間に奈良へ。
私は高校卒業まで南大阪に住んでいたが、
その頃の感覚が抜けていなかったので、
こんなに速く移動できるとは思っていなかった。

キトラ古墳壁画の公開は飛鳥資料館。
飛鳥には来たのは3度目。
一度は高校生の時、原付で大和川を遡って。
その時は法隆寺を見て帰ったから正確には飛鳥には行ってないが…
2度目は旅の途中。飛鳥入りできたのが夜で、
真夜中の石舞台を壕の外から眺めたことしか記憶にない。

南阪奈道を降り、街に入る高架から飛鳥が一望できた。
盆地に浮かぶ島のように、飛鳥三山が頭を覗かせている。
畝傍山・耳成山・香具山の三山は飛鳥の象徴。
決して大きな山ではないが、存在感のある山だ。

飛鳥資料館に行く前に、是非とも「蘇」を食べてみたい、との声が上がった。
「蘇」とは古代のチーズ様の乳製品。
飛鳥資料館「万葉乃衣食住」の為に西井牧場が復活させたもので、
西井牧場の直営店『みるく工房飛鳥』が「飛鳥の蘇」として販売している。

地図を頼りにたどり着くと、みるく工房は天香具山の麓にあった。
店内に入ろうとすると、黒いタクシーが急に敷地に入ってきて、
中から4名の女性がものすごい勢いで店内に突入、
「蘇」が売り切れたと聞くと、他の商品をみるでもなく、
あっという間に帰っていった。
つむじ風の如くだった。

残念ながら「蘇」は売り切れていたが、「駱」を購入。
つまりは飲むヨーグルトなのだが、とても美味しかった。

せっかく車から降りたので周囲を見渡すと、
なかなか風情のある街並み。

web_100522-171124.jpg


白壁の民家はただ古いわけではないようだった。
ちゃんと景観に合うように建て替えたり手を入れたりしているようだ。
この土地を理解している人たちが暮らしていることが伝わってきた。

その先には天香具山。
天岩戸神社の鳥居が見えたので行ってみた。

web_100522-170936.jpg


集落から溝一つで隔てられた境内。
石橋の向こうは竹林が道を守っていて、明らかに空気が違う。
進んでいくと、まもなく拝殿が見えてきた。

web_100522-170849.jpg


参道から一段上がった広場、横幅いっぱいに広がった社殿。
脇から後ろに回ると、本殿はなく裏の竹やぶのの前に
三つ鳥居の拝所があった。

web_100522-170737.jpg


竹やぶの中には磐座があり、それを祀っているようだ。
巨石を取り除かれた岩戸と見立てているのか。
あとで調べたところ、巨石4個の他に岩穴があるのらしいが、
その時はわからなかった。

web_100522-170801.jpg


他には、七本竹の伝承があり、
ここの竹は毎年必ず七本枯れ、七本新しく生えるとのこと。
この竹に触ると腹痛になるらしいが、
竹だらけなのでどれがどれだかわからなかった。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。