2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月23日

前日は和歌浦のPさんのご自宅に泊まらせてもらった。
Pさんは東京から和歌浦に移住した人で、
雑賀崎に居を構えている。
雑賀崎は戦国時代、雑賀衆の名を轟かせた傭兵集団の本拠地だ。
その地は、三方を山に囲まれた港で、
近年、和歌山市から抜けるトンネルが出来るまではアクセスも悪かっったため、
独自の文化が色濃く残っているそうだ。
あいにくこの日は朝から雨で、街並みを探検するまでには至らなかったが、
ちらっと見た限りでも、人がすれ違うのがやっと、
といった細い道が入り組んでいる大変よそ者には歩きづらそうな集落だった。


他のメンバーと落ち合い、立里荒神を経て高野山へ向かう。
Pさんの車で、東京から来たOさんNさん、滋賀のMさん、それに私の5名。
紀ノ川を遡っていく。
雑賀、根来、九度山、、、と歴史好きなら心踊らせる地名が連続。
なるほど、高野山から紀ノ川沿いに海に出る土地に点在していたのか。
車は九度山までは行かずに、西高野街道(県道109)を右折、山道に入った。

西高野街道に入ったころ、丹生都比売神社の道標が見えた。
丹生都比売神社は紀州一宮で全国的にも有名な神社。
誰からというでもなく、立ち寄ってみようという声が上がった。

街道を途中で左折。星山、天野というロマンチックな地名を通り、
丹生都比売神社に至った。

web_100523-100103.jpg


web_100523-100538.jpg


雨は相変わらず降り続いている。
駐車場から朱塗りの太鼓橋が見えた。
実に渡りたくなる橋である。

脇に普通の道があるにもかかわらず、皆で橋を渡った。
ノリがいいのかなんなのか(笑)
脇には普通の道があるにも関わらず。
頂き付近には階段もなく、つるつると滑って大変危険だった。

橋の上から右手を見ると池を見渡すことができる。
島が浮かんでいて、そこに祠が祀ってある。
市杵島比売か弁財天だろう。
島の形が真四角だ。池の丸いカーブと対照的で面白かった。

web_100523-100858.jpg


太鼓橋の先にも小川があり、そこを渡ると雰囲気が変わる。
木々に囲まれた空間に、朱塗りの巨大な社殿がそびえ立っていた。

web_100523-102224.jpg

web_100523-103107.jpg

丹生都比売神社は、四棟の本殿が並んでいる。
第一殿 丹生都比売大神
第二殿 高野御子大神
第三殿 大食都比売大神
第四殿 市杵島比売大神

丹生都比売大神は天照大御神の妹神で稚日女命とも。
神功皇后の三韓征伐の折、丹生都比売大神の託宣により、
衣服・武具・船を朱色に塗ったため戦勝することが出来た。
これに感謝し応神天皇が社殿と広大な土地を神領として寄進されたと伝わる。
(『播磨国風土記』)
丹生は辰砂のことであり、朱色の塗料の原料。
水銀を精製できる鉱石で、中国では錬丹術の仙丹という、
不老不死の薬の原料として重宝された。
神社の説明によると、「丹生」の名が付く土地には辰砂鉱山があり、
丹生都比売は全国の辰砂を取り扱う一族の祀る姫神であり、
丹生都比売神社はその総本山なのだという。

高野御子大神は丹生都比売の御子神。
密教の根本道場の地を求めていた弘法大師の前に、
黒と白の犬を連れた狩人に化身して現れ、高野山へと導いた神。

あとで知った話だが、高野山参拝の際は、
まず丹生都比売神社から参るのが古来の道順だそうだ。
これは、高野御子大神が高野山の導きの神だからなのだろう。
丹生都比売神社→立里荒神→高野山
立里荒神はもとから立ち寄る予定だったため、
偶然とはいえ、古来の参拝順序を踏襲したことになった。

大食都比売大神と市杵島比売大神は、鎌倉時代に行勝上人が勧請した神。
祭神が四柱となり、今の形に収まった。


web_100523-102519.jpg


社殿の脇には、境内社である「佐波神社」。
佐波神社を調べると、鎌倉近辺に多い「鯖神社」に行き当たる。
サバは左馬とも書き、源義朝(左馬頭)を祀っていることが多いそうだ。
丹生都比売神社には北条政子が関わっていて、
鎌倉時代に社殿を寄進している。
その際に佐波神社も勧請したのであろうか。

佐波神社の場所に立つと、その奥がものすごく気になった。
石の柱が何本か立っているのが見えた。
霊感のあるOさんも、その場所からエネルギーを感じると言っていた。
境内の外に出ることになるが、ぬかるんだ道を辿りその場所に行ってみた。

web_100523-103716.jpg

web_100523-102956.jpg


まず目についたのが小さな祠。
役行者を祀っている石祠だという。
他には真言が円の中に刻まれた光明真言石碑と、四基の五輪卒塔婆。
ここはかつて神仏習合時代に多宝塔があった場所なのだそうだ。


帰りももちろん太鼓橋を渡った。
さすがに今度は私だけだった。
振り返ると着物姿の女性が社殿に向かって歩いていて、大変絵になっていた。

web_100523-105015.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。