2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この夏、岩手の早池峰には2回行った。
3月の蘇民祭を合わせると、3回行ったことになる。
6月の訪問は、友人に誘われてのこと。
遠野物語100年祭で神楽や鹿踊りが披露されるので、
是非見てみたいとのこと。
この際遠野をじっくり見てみようと、誘いに乗った。


6月9日

友人Oさんとは仙台駅で待ち合わせ。
前日まで日程や行程を決めかねていたが、
直前に、宮城の青麻神社に立ち寄ることになった。
私も特に予定を決めていなかったので快諾。
そのまま家をでた。
高速道路の深夜割引を使って夜のうちに仙台入り。
夜行バスのOさんとは仙台駅で落ちあうことになった。
予定では早く着いて少し車内で寝るつもりだったが、
仙台駅周辺には落ち着いて休息できる場所がなかった。
結局仮眠を取れないまま旅をすることになった。

6月10日早朝
仙台駅で合流。
どうも都会の交通はどこも複雑で苦手だ。
早々に青麻神社の鎮座する郊外へ向かった。

青麻神社(あおそじんじゃ)
青麻神社


宮城県民の森に鎮座。この地はかつては岩切と呼ばれ、
中世には留守氏の居城、岩切城(高森城)があった。
仁寿2年(852)穂積保昌が山城国よりこの地に来て
里人に苧(からむし=麻の一種)の栽培を教え、
尊崇する日月星の三光神(天照大神、天御中主神、月読神)を、
清水が湧く山峡の岩窟中に奉祀したのが創始と伝えられてる。
穂積氏が海運を担っていたことから『海上交通』
まさか語呂合わせではないと思うが『開運』にご利益がある。
また、源義経の家臣、常陸坊海尊にまつわる伝説もある。
天和2年(1682)、村人の久作が目を患い窮していると、
老人が現れ「丑の刻の夜更けに斎戒沐浴して天を拝みなさい」と告げる。
それを守って続けていると、30日あまりで目が見えるようになった。
再び現れた老人に感謝を述べ名を尋ねると、
「 吾はその昔源義経公の臣下であった常陸坊海尊である。」と。
なんでも、今は名を清悦と変え下野国出流山中の大日窟に隠遁していたが、
青麻に移り住もむことにしたと言う。
その後、中風を患った母を持つ樵が山中を歩いているときに海尊に出くわし、
治療法を教わったところ、「桑の箸を使えば全快するだろう」と。
その為、『中風封じ』のご利益もあわせ持つ。
東国を中心に数多ある青麻神社の総本社であり、
多くは『中風封じ』の目的で青麻神社を勧請していると思われる。

青麻神社

海上安全祈願か、藁で作った船があった。


駐車場に車を停め、神社に向かおうと思ったが、
Oさんが「こっちが気になる」と呼び止めた。
「三の滝」と書かれた案内板がある。
神社に向かって左側の、緑深い場所に道が続いていた。
梅雨のさなかなので地面がぬかるんでいたが、行ってみることにした。

青麻神社


滝はすぐに分かった。
滝というには大げさな、小さい沢の段差だった。
三つあるのか数えてみたが、よくわからなかった。
滝の向かいには滝の宮の小さな石祠。
湿り気のある崖を背に祀ってある。
かつてここに湧き水でも出ていたか。

滝の宮の先にも遊歩道が続いていた。
遊歩道と言えるほど整備されたものではないが。
滝の宮付近を通りすぎると、急に空気が変わった。
閉ざされた空間に降り注ぐ光。
隠田といった印象。もしかしたらここで、麻を育てていたのかもしれない。
麻は古来から世界中で、人間の生活と深く関わってきた資源。
種子は食用・薬用。種子から油が採取できる。
日本では養蚕技術・綿栽培が導入される以前は、麻の衣服が一般的だった。
残念ながら麻薬のイメージが浸透し栽培農家が激減したが、
繊維研究の進む欧米では、エコロジーの観点から麻布が注目されているという。
ちなみに私は麻古布を仕立て直して着ているが、夏はすこぶる快適である。

青麻神社


遊歩道は途切れたが、地形に沿って奥まで進むことが出来た。
どこまでも、同じような畑に適した地形が続く。
土がふかふかで、素人目にはいつでも植物を育てられそうだ。
土に足を取られるようになってきたので、探索をやめ引き返した。


青麻神社


青麻神社の正面。
早朝だというのに参拝者が多い。
湧き水を汲みに来ている人も多い。
青麻神社は御神水でも有名なのだ。

青麻神社
なぜか河童もいた。

日神・月神・星神を祀る数少ない神社ということで、
念入りに祈願した。
不思議なことに、この旅は星に縁の深い旅となった。

信仰篤い神社は気持ちが良い。
清々しい気分で旅の岩戸を開いた。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。