2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月10日

仙台の青麻神社を出たのが午前9時前。
そこから遠野に向かうのだが、折角なので途中でどこかに立ち寄りたかった。
出発直前に、Oさんに行きたいところを挙げてもらっていたのだが、
それが雄勝の石神社(いそのじんじゃ)だった。
石巻の北、北上川の河口に南隣した半島が雄勝で、
その中心に位置する石峰山に石神社が鎮座しているという。
Oさんは霊感が強い人で、そこが気になると感じたらしい。
雄勝に抜けるとその後が大変な気がしたが、直感を信じて行ってみることにした。

石巻漁港で刺身定食を食べ、雄勝に着いたのは午前11時ころ。
石峰山に鎮座ということ、登山口が葉山神社ということしか情報がなく、
地図にもナビにも詳細が出ていなかったが、なんのことはない、
半島にアクセスするには海岸沿いの道一本しかなく、
その沿線に葉山神社が鎮座していた。

突然現れた二人組に海岸で作業していたおじさんたちは驚いていた。
ごくありふれた漁村である。
平日の真昼間、川崎ナンバーの車がいきなり神社に乗り付けるなんてことは、
めったに無いことかもしれない。
まずは様子を伺いに、葉山神社にご挨拶。
意外なことに、葉山神社は社殿の大掃除をしていた。

葉山神社は石神社の里宮で、元は薬師堂だった。
現在の祭神は少彦名尊。神紋は九曜紋。
鎌倉時代初期、千葉義清が常陸国筑波山麓より移住、石峰権現の神主に。
延徳二年(1490)に子孫が修験に変わり、(羽黒派修験の市明院)
石峰山も明治初期までは女人禁制の行場となっていた。
葉山とは「端山(ハヤマ)」のこと。
里と神の世界との境界を表す信仰で、東北に多く見られる。
葉山神社には祖王神社があり、一説には朝鮮の王子の墓とされている。
伝承では、朝鮮国から王がうつろ舟に乗って漂着したのが尾浦浜。
その王が移り住んで亡くなったのが葉山神社のある大浜とのこと。
境内の案内版では、流れ着いたのは千葉大王の皇子となっている。
(神亀年中、天竺釈旦国より漂着。)

大掃除をしていた若い男性に石神社のことを伺った。
なだらかな山道で急な場所は一箇所だけ。登るのは容易いとのこと。
良かった♪と我々は石神社に向かって歩き出した。

雄勝 葉山神社 石神社


石神社
祭神は多岐津姫。
地元の人は「石峰様」と呼んでいる。
石峰様が白馬に乗ってこの山に登ってこられた。
冬は山の神、実りの時期には田の神として人々を見守ってきた。

いざ参道に足を踏み入れる。
しばらくは小石のゴロゴロした道だ。
かつては海岸だったのかもしれない。
道から小石が消えた頃、道も消えた…
雄勝 葉山神社 石神社
容易いって…
来るものを拒むような、道なき道を暫く歩き続けることになった。
梅雨の豪雨で山が荒れてしまったのだろうか。
雄勝 葉山神社 石神社
中腹まで行くと雰囲気が変わり、やっと山道らしくなってきた。
参道のあちこちにかつての行場の名残があるみたいだが、
脇にそれてそれらを確認しようにも、険しすぎてよくわからない。
それに、参道自体にも侵入を拒むように障害物が横たわっている。
雄勝 葉山神社 石神社


ざっと一時間ほど歩いた。
私はどちらかというと猿に近いので割と山道は平気だが、
Oさんはすでにヘトヘトに疲れきっている様子だった。
「行者返し」なる急峻な上り坂を登りきり、
つづら折りになった道を抜けると鳥居が見えてきた。

雄勝 葉山神社 石神社


鳥居の向こうに何かいる!?
我々は姿勢を正して神域に足を踏み入れた。


雄勝 葉山神社 石神社


そこには石峰様が鎮座ましましていた。
圧倒的な存在感。
植物の息吹が霧となり、光を滲ませていた。
祭壇には様々な供物が供えてあり、人々の信仰が篤いことを物語っていた。
なにやら祭祀をしたと思われる痕跡も残っていた。
石笛を吹き、祝詞をあげて参拝。
手を触れ耳を当てると、水の滴るような音を感じた。
ずっとこの地で、人々を見守ってきたのだ。
感動で言葉にならなかった。


さて、石峰様の鳥居の手前に分岐路があり、道はさらに上へと続いていた。
頂上付近、そこにも磐座があった。
見る角度によっては祭壇に見えたり艶かしく見えたりする巨石。
とある角度から見てハッとした。


雄勝 葉山神社 石神社


巨石と樹木が戯れている!
特に謂れは無い巨石だけど、この石にも並々ならない存在感を感じた。
一体いつ頃から樹木と戯れていたのだろう。
そして、時が経てば樹木と完全に同化していくのだろうか。


麓に降りると葉山神社の大掃除は終わっていた。
先程の若い男性に挨拶したところ、なんと宮司さんだった。
(ラフな格好だったからわからなかった)
千葉義清の直結の子孫である。
話をしているうちに、大掃除は神楽の稽古の為だとわかった。
なんと、宮司氏は雄勝法印神楽の担い手の中核だったのだ。
先述したように千葉氏は羽黒の修験者で、
山伏神楽である法印神楽を一子相伝で伝えてきたのだ。
大正の世になって、民間の有志にも神楽を伝授し今に至る。
重要無形民俗文化財にも指定され、例大祭の神楽のみならず、
日本全国を飛び回っているという。
なんと、この出会いの2週間後には東京の国立劇場で公演するとのこと。
東京公演は約10年ぶりで、この機を逃すと次はいつになるかわからないと。
もちろん、後日我々は公演を観に行った。

直感だけで訪れた石神社。
今回の遠野行きは山伏神楽である早池峰神楽を観に行くことだったが、
思わぬところで他の山伏神楽とも出会うことが出来た。
素晴らしい御神体と出会えたことといい、収穫の多い訪問だった。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。