2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月1日

午前中に諏訪大社上社本宮→御社宮司総社→上社前宮と初詣。
夕方になって、下社春宮→下社秋宮と初詣。
人生初の元日の諏訪五社参りになった。

夕方に下諏訪に来たのには理由があった。
万治の石仏に向い合ってみたいと思ったからだ。
これまで何度も参っているが、ちゃんと写真に納めようと思ったのは初めてだ。


万治の石仏。
万治三年の刻銘があることからいつの間にかそう呼ばれている。
元々は阿弥陀様。それ以前は烏帽子石。
と呼ばれていたことが記録から分かっている。
大きな岩の胴体に何をどう間違えたのか、
不釣合に小さな首がちょこんと乗っているお姿。
ひとことで言うと大変不恰好だ。
この奇天烈な石仏に出会った岡本太郎御大は、
「こんな面白いものを見たことない」と大絶賛し、
ご丁寧に石碑まで残している。
最近ではみのもんたが猛烈プッシュしてたとかで有名になったらしく、
ご存じの方も居らっしゃるかも知れない。

そんな万治の石仏だが、意外と禍々しい伝承を持っている。
時は万治三年。
諏訪大社下社春宮の大鳥居を造る際の話。
この大石を材料にしようとノミをいれたところ、
傷口から血が流れだしたので石工は祟りを恐れて作業を止めた。
するとその晩、石工は夢で上原山に良い石材があると告げられた。
お告げ通り石材を探し当て、大鳥居は無事完成。
石工たちは血の流れた石を阿弥陀如来を祀ったそうな。

大鳥居を任されるほどの石工にしては随分杜撰な彫りだが、
とにかくこうして春宮横の大石は阿弥陀仏に変身した。

万治の石仏と呼ばれるようになった阿弥陀様。
最近新しい参拝作法が出来たようだ。
「万(よろず)治(おさまり)ますように」 と唱えながら時計廻りに3周廻り、
最後に正面で一礼して「万(よろず)治まりました」と心のなかで唱える。
観光者向けの一時のブームで終わるのか、このまま諏訪に定着するのか。
こうしてまた伝承が曖昧になっていく。

元は磐座だったかもしれないこの大石は、
この先も数奇な運命を辿り変容していくようだ。
「それもまた一興。」
愛嬌たっぷりに微笑むそのお姿は、どこか達観しているように見えた。

web_110101-175145.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。