2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月15日

大磯の左義長に行ってきた。
どんと焼き・さいと焼き・サイノカミ・道祖神祭・三九郎・御柴灯…などなど、
土地土地で様々な呼ばれ方をしている小正月の火祭りで、
主に正月飾りや古いお札、書初めやダルマなどをそれぞれ持ち寄り、
藁で組んだ仮小屋と共に焼く行事。

左義長という不思議な名は、平安時代の宮廷行事、
三毬杖(さんぎっちょう)が由来とされている。
これは陰陽師が執り行なった行事で、宮中・清涼殿の東庭に青竹束ねて立て、
三本の毬杖を立てて扇や短冊などで飾り、焼いて吉凶を占ったという。
ちなみに毬杖とは振振毬杖(ブリブリギッチョウ)と呼ばれる大陸由来の球技で、
今でいうホッケーみたいなものだったらしい。
さらに余談で、左利きのことをギッチョと呼ぶのは、
左利きの人は毬杖を左手で使うことが語源とされている。
そういう諸々が混同されて、左義長に落ち着いたようだ。

ちなみに他の呼び名は、代表的なものを三つ挙げてみた。
どんと焼き:歳徳神(としとくじん、とんどさん)
      その年の福を司る神を正月にお迎えする。
      歳徳神は出雲で祀られることが多いため、
      どんと焼きは出雲系の行事とも。

さいと焼き:仮小屋を多くはサイト(賽塔)と呼ぶ(紫燈・柴灯のこと?)
      密教僧や修験者が行う紫燈護摩から派生しているのだろうか。

サイノカミ:塞の神(道祖神)、歳の神に由来
      前者は集落に入ろうとする厄災を塞いで溜まった穢れを焼き払う。
      後者は歳徳神のことだろう。

面白い例としては、村人の罪を帳簿に書き留めている疫病神が、
年末に(疫病神は神無月の後に呼ばれるらしい)出雲に呼ばれる際、
道祖神に帳簿を預けて行く。
その隙に村人は道祖神の持つ帳簿を燃やしてしまうのだ。(信州中部)

とにかく、名は違えどもやってることは同じといううことは、
庶民の間を渡り歩いた宗教者が正月にお飾りを燃やす行事を民間に広め、
それが土地土地でさまざまに解釈されてきたってことなのだろう。
大磯が古式ゆかしい左義長の名を使うのは、
同町に住んでいた伊藤博文の側近がこの祭りを左義長と呼んだことが始まりで、
それまではセエトバレエ、ドンドヤキ、ドウミドンヤなどと呼ばれていたそうな。

web_110115-163722.jpg

私が大磯を訪れたときには、すでに海岸に9期のサイトが並んでいた。

大磯の浜にサイトが並ぶのは祭りの最終日。
本来は12月8日の「一番息子」から道祖神祭りが始まっている。
一番息子は、縄で縛った陽石(ゴロ石=五輪石)を子供たちが引き釣り、
未婚の娘さん(または息子さん)が居る家の軒下で、
「〇〇さんに良いお婿さんが(またはお嫁さん)来ますように、一番息子。」
(その後に「二番息子」「三番息子」と続く…)
と唱えながら石を地面に突いて回る行事。
西日本の「亥の子」、東日本の「十日夜(とおかんや)」と類似した行事だが、
道祖神と習合しいる例は珍しいようだ。

次は年明けて1月11日。
早朝に松を買い、13日までナナトコマイリ(七所参り)。
町内七ヶ所(今は人が増えて八ヶ所)の各道祖神の御仮屋を作り、
住民は家内安全、無病息災を願い期間中にすべての道祖神を参る。
この期間子供たちは夜に太鼓をお囃しで各家庭を廻りご祝儀を集める。
かつては御仮屋に籠ってサイトに飾る正月飾りの番をしていたそうだ。
御仮屋にはオンベ竹が立てられており、
最終日の朝、海岸でオンベ竹を中心に立て、サイトを組み上げる。

web_110115-165050.jpg


web_110115-162900.jpg


web_110115-163910.jpg web_110115-170102.jpg


サイトを見守るように、道祖神も居らっしゃっていた。
大磯では、年末に一つ目小僧がやって来て村人の悪行の帳簿をつけるが、
分厚く重くなったから道祖神に預けて帰る。
道祖神は民を慮り、自らの小屋に火を点け帳簿ごと焼いてしまう。
燃えてしまったのではしかたがない、と一つ目小僧も帳簿を諦めるのだ。
道祖神の上にお供えしてある四角いものは豆腐。
豆腐は一つ目小僧に関連する食べ物。
本来一つ目小僧は豆が嫌い(豆粒→魔滅)と伝承されていたものが、
いつの間にか豆腐好きと伝承されてしまっているそうだ。(多田克己説)

サイトの点火は19時から。
あたりはどんどん暗くなる。
日中は曇っていた空も、雲がどんどん薄くなって月が顔を出した。
月には暈がかかっていた。

web_110115-175145.jpg



そして点火。

web_110115-190717.jpg
一気に燃え上がるのではなく、じわじわと燃え上がる。


web_110115-191108.jpg
各サイトは氏子たちが、棒の先に餅を付けて囲っている。
火が収まってきたころ、餅を炙って食べるのだ。
う~ん、参加したい。


web_110115-191210.jpg
ある程度燃えたところで、オンベバシラを倒しにかかる。
その年の恵方に倒すのは、恵方を司る歳徳神の性質をよく表している。
倒したオンベバシラを燃え盛るサイトに突っ込み、あとは燃えるに任せる。
盛大に燃えあがれ。


web_110115-193944.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。