2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



遠野の夜は早い。
翌日には遠野を離れるので、私は日の暮れる
ギリギリの時間まで走り回っていたのだが、
さすがに6時を過ぎると、夏とはいえ辺りに闇が迫ってきた。
街道をはずれ、案内板の示すままに小川沿いの砂利道をひた走る。
この先に六角牛山の登山口があり、六神石神社があるはずだ。

六角牛山。
”ろっこうし”と読む。
大昔に女神あり、三人の娘を伴ひてこの高原に来たり、
今の来内村の伊豆権現の社ある処に宿りし夜、
今夜よき夢を見たらん娘によき山を与うべしと
母の神の語りて寝たりしに、夜深く天より霊華降りて
姉の姫の胸の上に止りしを、末の姫目覚めてひそかにこれを取り、
わが胸の上に載せたりしかば、ついに最も美しき早池峯の山を得、
姉たちは六角牛と石神とを得たり。若き三人の女神
おのおの三の山に住し今もこれを領したもうゆえに、
遠野の女どもはその妬みを畏れて今もこの山には遊ばずといえり。
(遠野物語第2話)

早池峰の女神様にお世話になっているのだから、
お姉様にもご挨拶しておかないと…などという安直な理由ではあるが、
こう見えても義理堅い私、一応筋は通しておくのだ。

六角牛山も、早池峰と同じく山頂に奥宮を持ち、
各登山口に里宮として六角牛神社を持つ。
ただし何故かは分からないが、目指す神社は、
明治になって”六神石神社”と表記を変えたそうだ。

日の暮れる前、県道35号線脇、糠前の六角牛神社に参ったのだが、
そでは私は何も見出せなかったので、
”角牛”を”神石”と変えた六神石神社を見てみたくなったのだ。

はたして、砂利道の行き着くところが六神石神社だった。
狭い砂利道が急に開け、巨大な駐車場が現れた。
観光バスが停まるのでも無ければ、こんな大きな駐車場は
必要ないと思うのだが…
あるいは、よほど地元の人の来訪が多いのか?
遠野観光協会のマップにも載らない砂利道の果てにしては、
いささか大げさすぎる。

駐車場に車を乗り入れると、向かいの一件家で番犬が吠え立てる。
普段はこの時間に余所者が来ることなど、まず無いのだろう。

鳥居は山の麓にあり、四方を森に囲まれている。
きっと昼間でも薄暗いのだろう。
まだ辛うじて日はあるが、境内には電灯もなさそうなので、
私は懐中電灯を用意した。
さすがに夜の神社は怖い。

060801_5195.jpg


鳥居脇の”六神石神社”の文字の上には鉄枠があり、
”六神石神”とでも読ませていたのだろうかと勘ぐってしまう。

日があるうちに本殿まで行こうと、一気に参道を駆け上がったが、
なかなかたどり着かない。
辺りがどんどん暗くなるに従い、胸中もどんどん不安になる。
ようやく社務所のある広場にたどり着くと、急に視界が開けた。
本殿前には赤い灯籠があり、何故か菊の御紋。
そういえば、”ろっこうし”は別名”六皇子”と書いたり、
実は祭神は女神ではなく住吉三神だったりと、
なにか中央と関係がありそうだ。
鳥居から真っ直ぐ本殿まで伸びる参道なども、
遠野に似つかわしくない立派な配置である。

本殿とその脇に1つ、背後に4つの摂社。
合計6つの社が存在する。だから六神石なのか?
本殿は住吉三神として、背後の社は古峰神社、稲荷社、
日本武尊と、後は確認できなかった。
いずれにせよ遠野とはあまり縁のない神々である。

ああだこうだと見て回っているうちに、辺りはすっかり暗くなった。
地明かりを頼りに、これが最後と社務所脇の建物をのぞき込む。
なにやらキラリと光る文字。
なんだ?と思い懐中電灯を点けると…


060801_5211.jpg


巨大な獅子頭なのか?御輿なのか?
額の上に「六角牛大権現」の文字。
一瞬、直江兼続公を思い起こしてしまった…
否、ふと見てはいけないものを見てしまった気がしてしまった。
もっとも、真っ暗な社に光を当てて暴こうとする、
後ろめたさがそう思わせたのだろうが。

どうやら六神石神社でも盛大なお祭りがありそうだ。
この大権現がどのように活躍するのか、この目で確かめてみたい。


さて、帰ろうかと思っていると、なんだか辺りが騒がしい。
カサカサカサと森を移動する音、木を揺さぶる音、
キイーーー!!キイーーー!と叫ぶ声。
猿の経立だ!

「この地方にて子供をおどす言葉に、
六角牛の猿の経立 (ふったち) が来るぞといふこと
常の事なり。この山には猿多し。」(遠野物語第47話)

遠野物語の一節が脳裏によぎる。
しかもこれは、明らかに威嚇されている。
暗闇の中、四面楚歌だ。
私は一目散に逃げ出した。
神域ではあまり派手なことをするもんじゃないな。





















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。