2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠野の伝承園で見た映像の片隅に、ちらっと異様な神社が映っていた。
駒形神社としか分からなかったが、とにかく私は惹きつけられた。
駒形神社といえば馬の守り神。馬産地として有名な岩手のこと。
遠野周辺だけでも駒形神社は沢山ある。
一体どこの駒形神社のなのか分からないので、
とにかく駒形神社を見かけたら立ち寄るようにした。


まず初日に行ったのが、二社。
上組駒形神社と錦織駒形神社。
上組は遠野駅の近く、上組集会場のそばにあって、
車を停めにくいのと、コンクリートに囲まれた環境をみてパス。

もう一社の錦織駒形神社は、遠野の外れにあった。
赤い鳥居を潜ると、道の両側に山百合が何十本と咲き乱れ、
辺り一面に百合の香りが充ち満ちている美しい神社だったが、
私の求めていた駒形神社ではなかった。
境内の案内板に以下の文があった。

 「もとは蒼前駒形明神をまつり、
 のちに男性器の形の石棒を御神体としています。
 若い女たちが田植えの最中に眼鼻のない のっぺりとした子供に
 赤い頭巾をかぶせて背負った旅人が通り、
 置いていったのがいまの御神体とされています。
 境内の竜石の話もあわせて「遠野物語拾遺」
 第14話と第15話にのっています。」

境内の雰囲気と違って、気持ちの悪い話である。
残念ながら石棒の御神体も竜石なるものも確認できなかった。

060731_4567.jpg




翌日。

早池峰神社例大祭のあと、再び遠野に繰り出した。
目指すは附馬牛の駒形神社。
この神社、昨日伝承園でもらった観光マップには
載っていなかったのだが、カーナビで表示されているのを偶然発見した。
と言っても、山の中にポツンと鳥居マークがあり、
道は表示されていない…

ともあれ行ってみた。
県道160号を早池峰から遠野市街に向かう途中、
猿ヶ石川と荒川が合流する地点から山道に入っていく。
わりとすぐに見つかったのが、元駒形神社。
元駒形神社は祠とご神木だけの小さな神社だったが、
駒形神社はそのさらに山の奥だということが分かった。

道の感じから、そう遠くでは無いだろうと踏んだ私は、
元社の脇に車を停めたまま、徒歩で山道を進むことにした。


ところが、いつまでたってもたどり着かない。
しばらく歩いたが、やはり車で行こうと引き返していたところ、
地元の人らしき、ヒゲのおじさんに出くわした。
挨拶ついでに駒形神社の場所を聞いてみた。
「*****んだ」
しまった、ひどいなまりでよく聞き取れない。
どうも、この道の先なので歩いて行く方が良いと言っているようだ。
自転車を押して歩くおじさんと、道を共にした。

歩きながら、家はこの辺なのかと聞くと、
うんにゃ、この先だ、と道の先の山中を指さす。
一人で暮らすのが気が楽だと言っていたが、
山中に住んでいるのだろうか?
私はふと、遠野物語の山男を思い起こした。

ついでに駒形神社に来た理由、牛馬をなだめる猿の信仰の事を聞くと、
「それは分からないが猿と言えば…」と続く。
附馬牛にある伝承。
昔、川の上流から猿と馬が流れてきた。
それをおばあさんが拾って飼ったが、両方ともすぐに死んでしまった。

聞き取れない部分も多いのだが、大体はこんな話だった。
何のとりとめのないところが、ある意味遠野物語的ともいえる。
だが、そんな話は柳田翁の作品には載っていない。

そして、こんな事を付け加えた。
「遠野で猿というと、河童のことだ。」

私は「えっ!」と思った。

遠野物語第59話、
「外の地にては河童の顔は青しというようなれど、
 遠野の河童は面の色赤きなり。」

赤い顔と言えば猿を連想する。
しかし、河童は馬にとって、守護神どころか天敵のようなもの。
河童が馬を淵に引き込もうとする話は、全国に分布している。
何らかの因果関係がありそうだが、
おじさんからはそれ以上の話は得られなかった。

060801_5160.jpg


10分くらい歩いただろうか。
山道の終わりに駒形神社はあった。
朽ちかけた赤い鳥居の連なりが、二方向から伸びている。
「この鳥居も修理したいんだが…」とおじさん。
あれ?境内までも案内してくれるのか?
それにしても、まだ日中だというのに薄暗く、
鳥居の結界を潜ると、明らかに何か異様な空気を感じる。

060801_5158.jpg

060801_5155.jpg


神門向かって右には大きな絵馬が、
そして左の縁台の上にも絵馬が立て掛けてあった。
それどころじゃない、門の中は絵馬やら馬の写真やらで一杯だ。
神門の右脇に手水舎があり、「ここの水がうまいんだ」とおじさん。
なんと親切なおじさんか。至れり尽くせりである。
神門を抜けると、気が遠くなるほど急な階段。
しかも朽ちかけていて危なっかしい。
それでもおじさんは一緒に登ってきてくれた。

060801_5134.jpg


階段を登り終えると、そこが本殿。
これはすごい!鉄剣だらけだ。
右も左も正面も、至る所に鉄剣が奉納してある。

060801_5121.jpg

060801_5116.jpg

060801_5115.jpg


私は到達感から、少し長めに感謝を祈った。
そして、振り返ると…


おじさんが消えていた。


嘘のようだけど本当の話である。
場所が遠野なだけに、不思議なことも不思議でなくなる。



本殿向かって右側に、小さい鳥居があった。

060801_5130.jpg

060801_5131.jpg
 

祀られているのは、石板と石棒。
そしてその脇には、またしても大きな鉄剣。

060801_5132.jpg


両早池峰神社でも、本殿の右側に大きな鉄剣が奉納されていたが、
ここも同じく右側だ。
それにしても、早池峰神社の鉄剣は、修験関係で納得いくのだが、
駒形神社に鉄剣とは意外だった。
これの意味するものは一体…?

060801_5145.jpg


ところで、神門向かって右側に、神馬舎がある。
昨日見た強烈な印象の映像は、この神馬像だった。
駒形神社だから神馬像があって当然なのだが、
なんだかこの神馬像はうつろな目をしていて、
薄気味悪い印象を受ける。
鳥居同様、朽ちかけボロボロだ。
対面してみると、ずっと感じていた異様な空気は、
この神馬像から発している気がしてきた。
何かを訴えるために、私を導いてきたのだろうか?

結局ここには、馬を慰める駒引き猿の関係のものは何もなかったが、
慰めるべき神馬の訴えを聞いたような気がする。
神霊の宿る依代を撮る行為は無償ではない。
その一つ一つが自分の肩に寄りかかってくる事を
覚悟しておかなければならない。
果たして私はそれに答えていくことが出来るのであろうか?
問答はまだ始まったばかりである。




















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。