2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


早池峰には毎年訪れているのだが、
実は遠野をちゃんと見て回ったことは一度もなかった。
それは早池峰神社の祭り見物は、
”毎年恒例夏キャンプ”に組み込まれているので、
いつも祭りを見た後は、早々にキャンプ生活に入るからだ。
そして、日中は釣りと温泉と料理三昧。

今回は私の研究熱?も高まっていることもあり、
私だけ別行動で遠野を回ることにしたのだった。


まず訪れたのは附馬牛町の早池峰神社。
早池峰神社は、早池峰山の山頂に奥宮が鎮座し、
四方の登山口にそれぞれの早池峰神社が里宮として存在する。
遠野物語第28話は、早池峰開山にまつわる話で、
猟師何某が早池峰に道をつけたのが、この附馬牛だったという。
そのように由緒正しい登山口にも関わらず、
附馬牛の早池峰神社は人っ子一人見当たらず、
岳の早池峰神社と比べて随分寂しい有様だった。


神社向かって右側に小学校があるが、
柵も何もないうえに、社務所への門は小学校の職員室の前。
三つ子の魂百まで、というが、この年になっても
やっぱり職員室は落ち着かないものよ。

060731_4468.jpg


正面の鳥居から境内に入ると、まず目に飛び込んでくるのが
藁葺きの立派な神門。
木を輪切りにした野趣あふれる額に早池峰神社としたためてある。
その門を潜り、木漏れ日の参道をまっすぐ進むと、
さらに赴き深い藁葺きの建物が見えてくる。
割拝殿といい、祭りの際には中央の通路に板を渡し、
神楽殿として使用する。
屋根には緑鮮やかな草が生え、脇には百合の花が一輪。
静まり返った境内に、蝉の声だけが響き渡る。
拝殿の内部には早池峰神社の旗が無造作に掛けてあった。
風に微かに揺れる旗が、夏の暑さを一時忘れさせてくれた。

060731_4481.jpg


060731_4485.jpg


060731_4493.jpg


拝殿の先には石段があり、本殿に続いているようだったが、
私は右脇にある手水所を見て驚いた。

不動明王の石像とお地蔵様、そして巨大な鉄剣。
手水の柄杓までもが鉄製で、片手で水を汲むには重い。
例大祭のある岳集落の早池峰神社には、
彩色されたオブジェのような鉄剣があったが、
これほど立派な鉄剣が奉納されているのは初めて見た。
鍔の部分には昭和二年?奉納と彫られている。
酸化した赤黒い風合いが迫力満点だ。
改めて、早池峰が修験の信仰を集めていることを思い出した。

060731_4490.jpg

060731_4488.jpg


石段を登ると、すぐ目の前が本殿だった。
堂々たる風格の銅板葺入母屋造。
額の早池峯山の文字が素晴らしい。
早池峰神社に結縁した感謝を祈り、私は本殿を後にした。

060731_4497.jpg

060731_4498.jpg




追記。

本殿から、先に述べた社務所へ抜ける道に小さな社を見つけた。
中を覗いてみると、見事な金勢様が鎮座しておられた。
木造の、力強く躍動感あふれる立派な造りだ。
ここの金勢様の見事な造形は、
男の私でもちょっと赤面してしまうほどだった。

060731_4502.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。