2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


060801_4957.jpg


距離はないが、結構キツイ山道だ。
御輿を担ぎ上げるのが大変そうである。
宮司が遅れて慌てて追いかけて来るなど、
微笑ましい一面があったのは、なんとも村祭りらしいことである。

山の中腹に少し開けた場所があり、そこに祭壇が設けてあった。
各集落の獅子頭を次々に並べて置く。
あとで地元の人にこの場所の意味を聞いたところ、
ただ神社の境内が狭くなったので、この地に場所を移したとのこと。
それにしては、この山中も狭いのだが…
霊感はあまりない私であるが、この場所はなにか神聖なものを感じる。
のは、気のせいであろうか?

060801_4967.jpg


獅子頭がこれだけ並ぶと圧巻である。

祭壇の中央に御輿と巨大獅子頭が鎮座。
荘厳な空気の中、宮司が祝詞を奏上。

さすがに写真は撮れなかった。
一人、写真を撮っている人がいたが、
私はこの場では祈りの妨げになることはしたくないと感じた。
自己満足のために神聖な祈りを汚すことは躊躇われる。
第一、写真を撮れる空気ではないのだ。
張りつめた空気の中、祝詞が大地に響き渡る。
森の木々さえも息を潜める。
私はこの場に居合わすことが出来たことを幸いに思った。

祝詞奏上が終わると、権現舞が奉納された。
岳集落と大償集落、双方による奉納だ。
昨夜と同じく、まずは岳の早池峰神楽から。

060801_4974.jpg


060801_4989.jpg


囃子方の奏でる楽曲に合わせ、扇を使った舞を舞う。
開けた場所と言っても、ここは傾斜している。
この場で舞うのはとても大変な技量が必要だろう。
そして舞も大詰め、権現様と一体化しての獅子踊り。
延びたり縮んだりと大暴れだ。

060801_5000.jpg


060801_4996.jpg


060801_4997.jpg



そして、大償神楽。

060801_5006.jpg


集落を分けるためか、装束の色が違っている。
こちらは年配の方で、巧みな扇子さばきが堂に入っていた。

そもそも、この二つの集落がなぜそれぞれに神楽を伝えるのか。
大償神社神主の佐々木氏に残る記録「日本神楽之巻」には、
長享二年(1488)、早池峰開山に関わる山陰氏が神主を務める
田中神社から、大償神社の佐々木氏に
山伏神楽が伝えられたと考えられる文が残っているそうだ。
対する岳集落は、早池峰神社と6つの宿坊を中心とした集落で、
起源は分からないが、この6坊の修験者が伝え残してきたものが
早池峰神楽(岳神楽)と呼ばれている。
これら二つの神楽は、ともに競いながらも、
両者合わせて阿吽の舞いになっているといわれているのだ。

060801_5017.jpg


060801_5029.jpg


山中での神事も終わり、神社に向かって帰って行く。
山の神の面を先頭に、行列を作る。
と思ったら、昨夜の神楽で山の神を演じた面は、
この日は猿田彦の役なのだという。
確かに道先案内は古来から猿田彦の役回りだ。
先日の写真の庚申信仰関係と思われる「くくり猿」といい、
一の駒の札の「馬と猿」の組み合わせといい、
どうも早池峰は猿に縁があるように思われる。

060801_5033.jpg


060801_5039.jpg


060801_4948.jpg


神社の鳥居の前で子供達が踊ったあと、
宿坊街をさらに奥に進んでいった。

060801_5057.jpg


どこまで行くのか?まさか各集落を回るのか?
と少し不安に思っていたが、別当寺の妙泉寺跡にある駐車場で
最初と同じように八幡を子供達と舞い、
神社境内に引き返していった。

妙泉寺は、明治の神仏分離によって、早池峰神社と分けられた寺。
詳しいことは分からないが、その跡地で舞うことも、
何かの意味を持っているのだろう。


山中での神事も終わり、みんなの表情もくだけてきた。
神輿の担ぎ手のおじさんの笑顔がまぶしい。

060801_5077.jpg


そして祭りも終局に。

060801_5099.jpg


060801_5102.jpg


この石段、かなり急なので、
重い神輿を担ぎ上げるのは相当気合いが必要だ。
ちなみに、冬はこの石段を裸でもみくちゃにされながら降りるのだ。


本殿前で神輿を降ろし、裃の人たちが本殿に向かって走る。
何故走るのかは分からないのだが、
祭りの始まる前にも石段を走り上がっている姿を見た。
本殿の中では、終了の儀式を行っているのだろう。
本殿下では、白装束の担ぎ手達の後ろ姿に、
祭りのあとの、興奮と安堵がにじみ出ているようだった。

060801_5105.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。