2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


060731_4586.jpg


宵闇に喧噪。
神楽殿を中心に、観客が取り巻いている。
7月31日午後8時、渓流での釣りを終え、
早池峰神社に着いた時には、もうすっかり祭りは始まっていた。
神楽は前半が終わり、後半の大償の神楽奉納が始まるところだ。
早池峰の神楽は、室町時代から続く伝統。
岳集落の早池峰神楽と大償集落の大償神楽とで
技を競い合ってきた為、今でも完成度の高い神楽が残っている。

友人Kと共に落ち着く場所を探す。
Kの肩にはビールのぎっしり詰まったクーラーボックス。
先程の釣りは、どちらが酒を飲めるかを賭けた重要な勝負だった。
夜神楽に酔いつつ酒に酔うとは、これ最高の一時。
そして…負けた方は、帰りの運転。

残念ながら、今回は私が運転役だ…

060731_4598.jpg


そうこうしているうちに、神楽が始まる。
鳥舞は、女装に鳥の兜。二人組で行う舞で、
跳ねる動きが結構激しい。
片方が年長者で、もう片方はまだ若い男の子。
さすがに年長者の舞にはキレがある。
若い子も、もう何年もすれば立派な舞人になるのだろう。

060731_4620.jpg


続いての演目は翁舞。
白面の翁面が風格溢れる。
扇を使った優雅な舞だ。

060731_4630.jpg


三番叟。
翁舞と対をなす黒い面を被る。
口上は威勢良く、動きも滑稽。
一説では蛭子命舞ともいわれるそうだが、
私にはどうしても猿に見えてしまう。
烏帽子を被った猿だ。
実際三番叟を検索してみると、明らかに猿の面を被ったものや、
三番叟猿と称するものもみられる。
最近の私のテーマの一つに、猿と馬の信仰があるだけに、
非常に気になるところだ。

060731_4649.jpg


060731_4654.jpg

 
八幡。
陸奥で八幡、しかも弓を使うとなれば、
源八幡太郎義家公のことかと思っていたが、
八幡神そのものを称える舞のようだ。
品夜和気命と品陀和気命、つまりは神功皇后の子で、
弟の品陀和気命(誉田別尊)は言わずと知れた応神天皇。
二人の舞人が激しく行き交っては止まる、を繰り返す激しい舞だ。

060731_4676.jpg


060731_4681.jpg

 
山の神。
早池峰神楽の元となっている山伏神楽と密接に関わっている舞。
私は詳しくないのだが、密教の印相を結び九字を切っているらしい。
(臨・兵・闘・者・皆・陳・列・在・前の九字)
そして、米を見定めているような仕草を繰り返す。
五穀豊穣を祈祷しているのだろうか。

060731_4721.jpg


途中、背後の幕の奥に引っ込んだかと思うと、
赤い面の山の神の面を外し、舞人が素顔をあらわす。
一般的に山の神は女神だと言われているとおり、
腰には女物の帯を巻いている。
面を被った時とは打って変わって激しい舞だ。
止まって囃子が口上を述べているときは、
扇で顔に風を送っているが、風で髪の毛が逆立つさまが、
山のざわめきのように感じられる。

060731_4730.jpg


岩戸開。
翁面の舞人が一人で舞った後、他の三人が背後から出てきて
殿上をぐるぐる舞い踊る。
これは、先々月高千穂で見たものと同じ題材だが、
様相はかなり違っていた。
高千穂では、本当に岩の張りぼてを持ち上げたりして、
もっと演劇的だったのだが、こちらは純粋に舞のみで表現する。

060731_4743.jpg


060731_4746.jpg

 
天布刀玉命、天児屋根命、天手力男命が
天照大神を岩戸から誘い出したところらしいが、
ちょっと難解だった。



ここで一旦小休止。ここまでが式舞表六番。
夜通し行うときは、これに裏六番も加わるそうだ。
観客も最初と比べて大分減ってきた。
見やすい位置に移動して、屋台の郷土料理を食べるとしよう。
Kがニヤニヤしながら烏龍茶を注いでくれる。
運転しない彼は、ほとんどビールを飲み尽くしたらしい。

つづく


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。