2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


060731_4794.jpg


奥から出てきた人が、奉納者と奉納品目を声高に諳んじる。
なかなかの名調子に拍手喝采。
そして、奉納の礼に鞍馬を舞うことを告げる。

060731_4775.jpg


060731_4782.jpg

 
鞍馬。
鞍馬と言うからには、天狗と義経公なのだろう。
右に左に飛び交い、刃を交え対峙する。
心なしか観客も白熱した面持ちで見守る。

060731_4790.jpg


実際私も、昨年見た鞍馬をもう一度見たいと思っていたので、
今回も見ることができ幸運だった。


そして最後は権現舞。

060731_4800.jpg


060731_4801.jpg


舞人が祈りを捧げた後、獅子頭を纏い権現様と化す。

060731_4814.jpg


カチカチと歯を鳴らして上下左右に動き廻る。
途中、奥から氏子だろうか?人が数人出てきた。
それぞれが祈りを捧げ、それに応えるように
権現様があごを頭に乗せて、カチカチと歯を鳴らす。
その後、並んで権現様の下を潜り抜けていった(胎内潜り)。

060731_4820.jpg


060731_4824.jpg

 
次に、桶に入った水が出てくる。
水を汲んだ柄杓を口にくわえ、囃子方の顔の前に差し出す。
きっと囃子方を労う意味を持っているのだろう。
神楽も終わりに近い。

060731_4826.jpg


柄杓を周りの観客達にも向けて廻る。
これでお仕舞いだ。
中の舞人が獅子頭から解放され、バッと幕の奥に消えていった。







ざわざわと周りの観客達も撤収しはじめた。
私は幽玄と現実の狭間で、しばらくの間茫然としていた。

すっかり人がまばらになった境内。
陸奥の短い夏の夜は、こうして更けていくのであった。

060731_4846.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。