2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○甲斐奈神社

笛吹市春日居町国府にある甲斐奈神社。
”甲斐の神社”という意味らしい。
その名に違わず、甲斐国総社格式を持つ。
総社とは、国司が通常は一宮二宮三宮…と
地域の格の高い神社を巡拝していたものを、
国府の近くに合祀したものである。
つまりは役人にとって便利な合同庁舎みたいなものだ。
とはいえ、御室山を近くに望む立地は
甲斐の神を統べるには最適だと言える。

20061122174001.jpg


甲斐奈神社は場所が分からず、
御室山からの帰路に偶然見つけた。
夕刻から降り出した雨が、勢いを増して来ていたので、
参拝は次回にしようかと思ったが、
入り組んだ市街地に再び来ることを考えると、
無理をして雨の中、境内に足を踏み入れた。

鳥居の手前に小さな立石があり、
注連縄が掛かっている。
正面から写真を撮りたかったが、なんとあろう事か、
お犬様の粗相がそのまま放置されていたので、
背面からの撮影。
よりによって注連縄のかかった神社の境界に粗相とは、
まったく飼い主の意識の低さが嘆かわしい。
しかし怪我の功名、背面から注意深く見たおかげで、
鳥居前の立石の意味が分かった。
車止めだ。
先の美和神社では、鳥居前の石柱と立石と拝殿が
一直線上に配置されていたし、
ここ甲斐奈神社でもそうである。
立石がなくとも、鳥居前に石柱がある神社を沢山見かけたので、
不思議に思っていたのだ。

20061122174011.jpg


甲斐奈神社の拝殿の前に、ちょこんと佇む立石。
あいにくの雨で折角の注連縄が濡れてしまっていた。
これまで見てきた立石は、
拝殿に向かう参道の途中に立石があったが、
甲斐奈神社の立石は、拝殿と一体化している
といっても過言ではない。
拝殿前は広場で、場所がないわけでもないのだが…
妙に近い狛犬と相まって、不思議な景観を作り出している。

余談だが、社殿の裏手に回ると突然警報が鳴り出した。
物騒な世の中、警備が必要なのは分かるが、
もっと感度を下げて欲しいものである…


○石和八幡宮

20061122174020.jpg


別の日、住所の分からない神社を探して
石和温泉を徘徊していた時、
偶然見つけたのが石和八幡宮。
社記によると、甲斐源氏の祖信義の子信光が
建久三年(1192年)鶴岡八幡宮をこの地に勧請して、
この地の産土神としたのが始まりである。
私も一応甲斐源氏のはしくれである。
車を停めて境内に踏みいると、何やら騒がしい。
なんと、前日の夜に社殿が焼けてしまったらしい。
未だ燻っている社殿の残骸を、
氏子の方や消防士たちが見守っていた。

061030_8520.jpg


安永三年(1774年)の石和町最古の拝殿も、
豊臣時代の幅五尺もある一対の絵馬も、
江戸時代に奉納された多数の絵馬も、
みんな灰燼と化したのである。
訪れるのがあと一日早ければ、
それらを記録として残すことが出来たかと思うと、
無念でならない。
人の作った社など、いつかは消えてなくなるものだが、
だからこそ、失われる前にその姿を留めておきたい。
私にはその手段があるのだ。
記録芸術である写真、
どう使おうとそれぞれの勝手ではあるが、
せめて私は有意義に使いたいと思う。


○舟形神社

石和を徘徊して探していたのはこの舟形神社である。
小石和といって、実際は少し石和から離れた土地に鎮座していた。
舟形神社は、地図での表記は諏訪神社となっており、
探すのに大変苦労した。
甲州には諏訪神社は星の数ほど存在するのだ。
小石和の諏訪神社は、石和川の水難鎮護の為に
上諏訪より勧請したのが始まり。
芦毛の馬を忌み、里人がこれを飼蓄すれば、
神が必ずこれを林中に匿すと言われた。
麻をつくることを忌むと言う伝説もあるそうだ。
詳細はよく分からないが、馬と養蚕こそが
この地の特産品と言えるのに、
それを禁忌にしてしまうとはなにやら意味深である。

神社の写真を撮っていると、老人が声を掛けてきた。
どうやら私を新聞記者か何かと思ったらしい。
趣味で神社を巡っていると話すと、
殊勝だといって色々と境内を案内してくれた。
老人は諏訪神社の氏子の方で、
社殿建て替えのついでに石碑や摂社を、
社記と照らし合わせて調べているところだという。
一つ一つの祠にも、ちゃんと勧請年が記録されていて、
全ての祠の解説をしてくれた。
面白かったのが、産土神の前に丸石が置いてあり、
それは記録に残っていないとのこと。
産土神だから、きっと誰かが出産祈願に
どこかから持ってきたのだろうと言っていた。
丸石は道祖神だけではなく、
やはり子宝に関わる信仰の対象でもあるようだ。

20061122174035.jpg


社殿は、ちょうど拝殿を取り壊したあとだったらしく、
本殿だけが剥き出しになっていた。
なかなか目にすることの出来ない光景である。
工事用三角コーンを画角外に除け撮影。
甲府の玉諸神社のような立派な社殿は
なかなか出来ないとは思うが、
子々孫々に恥じない、
丁寧な拝殿を造ってもらいたいものである。

この神社の立石は、なんと一直線上に三つ並んでいる。
鳥居前に一つ、随神門前に一つ、拝殿前に一つ。
老人に立石の意味を聞いたところ、
お百度参りの時に、目印になるとの回答を得た。
なるほど、そういう使われ方もされるのだろう。
だが、結局意味は分からず仕舞だった…

20061122174042.jpg


つづく


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。