2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○日当神社


石和町中川。
国道20号、一の宮橋付近を南に曲がったところ、
山梨園芸高校の脇に鎮座する日当神社。
古に、国司が旭日の昇るを見て、社殿造営の意を発し、
一社を建立して日当の社とした。と東山梨郡誌にある。
境内は住宅地の真ん中にしては広く、隣にはグラウンド。
子供たちの遊び場になっているようだ。
参道などはなく、鳥居をくぐると、
そこはもう社殿の前。

20061225182102.jpg


大人の腰くらいの高さのすらっとした形の立石が、
広場の真ん中に立っている光景は、
かなり不思議な感じを受ける。
今まで見てきたものは、背の高い時は石畳の参道に、
逆に参道がない場合は丸っこい小さな立石だったのだ。
周辺の子供たちは、登ったりドロップキックしたりして
いたずらしないのかな…


○八王子神社

石和町広瀬に鎮座する八王子神社。
20号が笛吹川を跨ぐ石和橋の西側、東八代合同庁舎の南である。
公民館の裏なので一見分かりにくいが、
遊具のある広場を目印に探すと良いかもしれない。
(といってもこれを読んで、行く人がいるかは微妙だが…)
祭神は大己貴命、八王子大神、国狭槌命、少彦名命、大山祗命。
このうち八王子大神とは、
天照大神が素戔嗚尊と誓約したまひける時に生ませる三女五男神、
のことである。
また、いづれの時代にか大己貴命が主祭神と祀るに至りぬ、
ともある。

061123_0011.jpg


ここも参道などはなく、境内は広場になっており、
砂地の地面にそのまま立石が鎮座。
高さは膝丈ぐらいだが、白く上品な色をしている。
他の神社の立石がどちらかというと逞しいのに比べて、
ずいぶん気品がある立石だ。
そういえば社殿も白と赤を基調にした建物で、
立石と見事に調和している。


○国立神社

061123_9927.jpg


御坂町井之上、美和神社と姥塚古墳のある南照院の中間点、
中央道の側に国立神社が鎮座している。
境内は狭いながらも木々が生い茂り薄暗い。
社殿の前の立石は、ゴツゴツとしている。
この立石の素材を選ぶ基準は何なのだろう?
磨かれたように綺麗なものから、
自然石のようなものまで、様々である。

境内を見回すと、下手に小さな社があった。
最初は気が付かなかったのだが、草に半ば埋もれているのは、
小さな社に対する立石ではなかろうか。
律儀にも、ちゃんと正面に立っているのだ。

061123_9939.jpg


残念ながら、この「社と立石」で取り上げている神社は、
一部を除いて、地図にも載らない小さな神社なので、
社務所や由緒書きなどがなくて、
祭神や由来が分からないのだ。
なので、国立神社の祭神たちも結局は分からず仕舞であった。



○杵衝神社

061123_9964.jpg


御坂町尾山、美和神社から南東の山の麓に鎮座する。
辺りはブドウ畑だらけで、ちょっと分かりにくい場所だった。

敷地は広く、鳥居をくぐり参道を歩くと、
脇の四角に囲った石の真ん中に、ちょこんと立石がふたつ。

061124_0003.jpg


社か何かがあったのだろうか。
ふたつの小さな立石を祀るにしては、
随分広い空間を囲ってある。
特に何かが彫られているわけでもない立石だが、
きっと神聖な謂われがあるに違いない。
ポツンと立っている石を見ると、なんだか気が和んだ。

杵衝神社は、美和神社の山宮とも元宮とも
言われている神社である。
景行天皇の時代、甲斐国造の塩海足尼(しおみたるに)
によって大物主命が勧請された杵衝神社は、
どちらが最初だったか、はっきりしていない。
美和神社のほうも、一時は杵衝神社と
名乗っていた時代があるそうなのだ。

061123_9977.jpg


立石が石畳から突き出ているところなども、
非常に美和神社と似ている。
どうもこれまで立石を見てきた中では、
美和神社と、美和神社山宮とされるここ杵衝神社のものが、
群を抜いて素晴らしい意匠を感じる。
もしかして、美和神社が立石のオリジナルなのかもしれない、
と思わせるのに十分な存在感を持っているのだ。



○西宮神社

061123_9904.jpg


御坂町国衙。国道20号を笛吹川の東岸、長塚で南に曲がり、
県立博物館を過ぎると「西宮神社前」の交差点に出る。
そこが西宮神社である。
境内は道路によって三角形に狭められており、
鳥居はあれども垣根はない。

061123_9910.jpg


落ち葉の積もる境内は、うら寂しいかぎりであるが、
実はここの裏手には国衙跡、
つまり甲斐の国庁の施設があったとされている。
甲斐には春日居町国府と、御坂町国衙があり、
どちらも国庁を表す地名である。
通説では春日居町国府を前期国府跡、
御坂町国衙を後期国府跡とされているようだ。
十世紀に編まれた『和名類聚抄』には、
甲斐国府在八代郡(御坂町国衙は旧東八代郡)
の記述があるので、少なくともその頃までには
国庁は御坂町に移動していたと考えられる。


ところで、この2カ所の国府跡は、
笛吹川を挟んで北と南に位置している。
たいして距離は離れていないのだが、
この両者にはある違いがあることに気が付いた。
三室山を中心とする笛吹川北岸は、
丸石道祖神が最も集中している地域。
国衙と美和神社を中心とする笛吹川南岸は、
立石を持つ神社が集中している地域なのである。

立石と丸石の対比、なにやら深い意味がありそうである。


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。