2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋の初めのことだった。

甲州のことに興味を持ちだした私は、
甲府での仕事の翌日は、甲州探索に当てることにした。
大まかに巡りたいところは決めていたのだが、
牧丘の道の駅で観光マップを見ていると、
笠石大明神なる神社が妙に気になった。

ちょうど当初巡りたかった場所と同じ方面だったので、
探して見るも、これがなかなか見つからない。
天狗山と妙見山に挟まれた谷間の土地。
そう広いわけではないのである。
郵便配達中のお兄さんに聞いて正反対の道を教えられたが、
迷い込んだ先のブドウ農家でやっと場所を聞き出せた。

20061225183134.jpg


だが、教わった場所に行ってみると、
ブドウ畑の向こうに鳥居は見えるのだが、
行き道が分からない。
目印の六地蔵の周りをうろうろうろうろ。
民家かから老人が顔を出したので聞いてみると、
「そっちだ」と指さしたのは、その方の庭先。
なんと、民家の中からしか行けないようなのだ。

・・・

そして、やっとの思いでたどり着いた。
ブドウ畑の間の細い道を30mほど進むと、
山の中腹の鳥居に続く石段にたどり着いた。
写真を撮っていると、先程の老人が追いついてきた。
ありがたや、案内してくれるという。

笠石大明神の鳥居をくぐると、
目の前下手には畳三畳ほどの小さな社。
そして上手には丸い大石が三つ。
ドンドンドンッと鎮座している。
なるほど、それぞれが笠を被ったように上部に割れ目がある。
どういう由来があるのかは、もうわからないそうなのだが、
毎年五月五日には、子供たちがこの上で
お重を食べる儀式があるそうだ。

061213_6442.jpg


石の前には三つの祠。
端の一つは、今の祠になる前の祠の名残。
近年納め直したそうだ。
下手に建つ木造の社も、老人が若い頃に、
岐阜から宮大工を呼んで立て直してもらったらしい。
ちゃんと手入れがされているのだ。

江戸時代(天保か?)、甲州一帯が大飢饉に見舞われた際、
土地の代官水野某は飢える農民を見るに見かねて、
将軍に年貢の免除を直訴したという。
直訴はそれがどんな内容であれ、死罪に値する行為。
幸い願いは受け入れられ、この地の民は
飢えをしのぐことが出来たが、水野某は腹を切って果てた。
その水野某を笠石大明神の側に祀ったのが、
この神社が歴史に記録された最初である。

戦後、県の役人が来て神社を文化財に指定したいという。
そしてその後は国指定文化財にと…
氏子たちが資金をかき集めたが、県指定文化財で手一杯。
国の認定を勧められても、膨大な資金がどうしても捻出できなかった。
わずか十件の部落の氏神なのである。

文化財になるとどういう優遇があるのかは分からないが、
たとえそうでなくとも、この神社は氏子たちの手で、
しっかりと守られ続けていくと思う。
帰り際、ブドウ畑に挟まれた小さな参道老人は呟いた。
この参道も石を買ってきて石畳にするつもり、と。


追記

このところ、山梨で墓石を倒す悪戯が多発しているらしい。
先日は神社の1mくらいの石柱も倒されたそうだ。
関係あるかは分からないが、石和八幡も焼失した。
神も恐れぬ行為に目が余る。
犯人にとっては、それらは古いしがらみでしかないのだろうが、
それを守り続けることが、土地の歴史であり家の歴史なのだと思う。
本当に悲しいことである。




















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。