2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


八海山尊神社を離れる時は、もう既に日が傾いていたが、
やはりもう一つの八海山神社にも行ってみることにした。

途中、大前(おおさき)神社で湧き水を補給。
龍神様の口から水が絶え間なく出ていて、
いかにも霊験あらたかな印象。
と思ったら、頭の上に招き猫が乗っていた(笑)
意外とお茶目な龍神様だ。
大前神社は稲荷神社だが、湧き水の真上には
不動明王が燃えさかる炎を背に立っていた。

060902_7825.jpg


060902_7826.jpg


八海山神社は八海山スキー場の少し手前。
到着した時は既に辺りが暗くなっていた。
長い杉参道を歩いていると、道の脇に広場があった。
正面に祭壇のようなものがあったが、
ここで火渡りや護摩祈祷を行うのであろうか。

八海山神社の社務所は蕎麦屋を兼業しているようで、
お腹が減っていたのでここで夕飯ししようかなと思ったが、
ちょうど着いたときは店を閉めたところだった。
後で知ったのだが、ここの蕎麦は繋ぎに
ふ海苔とヤマゴボウの繊維を入れてあるのが特徴。
これがすこぶる旨いらしい。
後で国道沿いで食べたへぎ蕎麦が、至って
普通だったことも考えると、
ここで食べ逃したことは非常に残念である。


さてさて、八海山神社。
八海山尊神社ほどの派手さはないが、
至る所に石碑が立っていて、
ここもまた修験の神社の風格が感じられた。
大木にくくりつけられたお守りは、修験者たちが残したものだろうか。

060902_7832.jpg


060902_7836.jpg


もう暗かったので、あまりうろつくわけにはいかなかったが、
社殿の脇に面白いものを見付けた。
寒修行の滝のようだが、男女のシンボルが祀られていた。
滝が二筋あるので、それになぞらえてのことだろう。
暗闇に妙に艶めかしく輝いていたのが脳裏から離れなかった。
これでは煩悩は絶てないな…

060902_7844.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。