2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


笠石大明神で出会った老人によると、
笠石は山梨三大石の一つであり、
他には立石神社と大石神社があるという。

立石神社は、笠石大明神と大して離れていない
天狗山北麓にあり、大石神社は天狗山の南麓、
笛吹川の流域にあるという。

笠石大明神から東へ、牧丘町のに向かって車を走らせると、
すぐに立石神社にたどり着いた。
笠石方面から牧丘町に向かうと、
谷間の県道が、鼓川と交叉する場所がある。
その先の脇道を右に入り、皷川の南岸を進んだ先、
御所という地に鎮座していた。


20061225184843.jpg


ここでも六地蔵を見かけた。
神社の境内ににあるのは神仏習合の名残か。
六地蔵の円柱にちょこんと笠が乗っている。
よく落ちないものだ。


立石神社の祭神は、天手力男命。
天の岩戸を押し開けた神様だ。
笠石大明神の祭神は天照大神なので、
なにか関係しているのだろうか。
案内板には、「別名加茂山神社立石大明神という、
御神体は八稜石でみな直立す。」とある。
”みな”というだけあって、
その辺にゴロゴロと岩が転がっているのだ。

061213_6470.jpg


本殿の後には、大きな岩が立っている。
尖った印象の立石だ。
だが、その後にはもっと大きな岩が鎮座していた。

061213_6480.jpg


ぬぅっとこちらを伺うように、その大岩は立っていた。
凹凸が光の加減で人の顔に見える。

これも八稜石なのだろうか?
稜とは”多面体における平面と平面との交わりの線分。”
つまりは”角”。
そして八には”数え切れない数”の意味があるので、
角張った石という意味だろうか。
しかしどうもこの大岩には、八稜石の印象が沸かない。
むしろ先の尖った印象の岩のほうが、八稜石に近い気もするが、
もっと別の意味なのだろうか。

それよりも、岩と岩の間から日が差し込む様が、
天の岩戸に隠れた天照大神を思い起こさせて印象的だった。

061213_6488.jpg



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。