2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大石神社の長い長い石段を降りている時、
ふと脇にある公園にいる夫婦に目をやったが、
特に気に留めることもなく、私は石段を降りていった。

麓の石灯籠に乗っかっていた石ころを撮影しているとき
(我ながら、なんてマニアックなんだ…)
その夫婦に声を掛けられた。
「磐座ですか?」

普通に生活していて”磐座(いわくら)”
なんて単語を使う人はあまりいないだろう。
それだけでその人が何故この神社にいるのかが理解できる。
同好の士だ。

話をしていると、大石神社の近くの花子薬師のことを教えてくれた。
その方々は磐座の知識が尋常ではなく、
件の薬師もあまり人には知られていない磐座なのだという。
なんでも磐座学会の人らしい。
私はその学会のことはあまりよく知らないのだが、
そういえばmixiで知り合った人がその会に所属していたことを思い出し、
それとなく聞いてみると、お知り合いだと言っていた。
う~む、世間は狭い。

その方々、S夫妻は、親切にも花子薬師を案内してくれた。
大石神社から徒歩数分の民家の裏。
なるほど、これは案内がないとなかなか分からない。

061213_6582.jpg


竹林の中に、無造作に積み重なった巨大な石。
しかしなんだこの積み重なり方は!
学生時代によく食べた、某レストランの
山盛りパフェを思い出した。
今にも崩れ落ちそうな魅力はたまらない。

祠の中を覗くと、小さな祠にこれまた小さな丸石が山積み。
つくづく山積みが好きなようだ。
写真には写ってないが、祠の上には
うっすらと花子薬師と読める板が掛けてある。
その由来は案内してくれたS夫妻も知らないという。
花子…ありきたりな名前だけに、不思議な感じがする。

061213_6630.jpg



S夫妻は何度も来ているらしく、簡単に写真を撮って帰って行った。
きっと他の磐座を巡るのだろう。
夫婦で同じ趣味とは羨ましいことである。
ともあれ感謝。

独りになってすることは、もちろん磐座の周囲を探検である。
上に登れるという話を聞いたので、登り口を探してみる。
といっても大石神社のようにハシゴがあるわけではないので、
ひたすらよじ登る。

岩から岩に飛び移ったりと、軽くインディージョーンズしながらも、
なんとか頂点にたどり着いた。

優美な曲線をもつ丸い岩肌は、
思わずほおずりしたくなるほど美しい。
周囲は高く伸びた木々に囲まれ、
色づき始めた葉っぱの、淡いカーテンに包まれる。
なんとなく、この巨石が花子と呼ばれることにも
頷ける気がした。

061213_6591.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。