2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


061125_0327.jpg



先日のニュースで知ったのだが、
初詣シーズンを前に、ネット参拝の是非を巡って
神社界が揺れているらしい。

 全国約8万か所の神社を管理・指導する神社本庁(東京)は、「ネット上に神霊は存在しない」と、今年初めて自粛を求める通知を出した。しかし、導入している神社からは「神社に親しみを持ってもらえる」「遠方の人の助けになる」との声もあり、本庁では頭を抱えている。とのこと。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061216it04.htm

ネットで参拝とは横着甚だしい。
と最初は思っていたのだが、それがそうでもないようだ。
案外心配するほどの問題ではないのかもしれない。

初詣はともかくとして、それ以外で神社に行くことといえば、
何かの祈願の為、というのが圧倒的に多いだろう。
祖霊崇拝が仏教の専売特許となって以来、
苦しい時の神頼み、が八百万の神との正しい付き合い方なのだ。
特定のご利益が全国的に有名な神社、
例えば合格祈願なら太宰府天満宮、縁結びなら出雲大社
などがあるが、まぁ合格祈願も縁結びも、
実際に神社を訪れた方が、ご利益を得た気分に浸れるだろう。
だが、病気などで外出ままならない人にとっては、
それこそ藁にもすがる思いで祈祷を申し込む人もいるはずだ。
病は気から。まさにそのことである。

考えてみれば、インターネットが普及する前には、
手紙で祈願を受け付けたり、郵便が発達する前は
村の誰かが代表してお札をもらってきたり、
または村に分社を勧請したり石碑を建てたりと、
その時その時の事情に合わせて、便利に解釈されて来たものだ。
ボタンをポチッと押すだけのネット参拝も、
きわめて現代的な解釈である。
ただ、それでは満足できない人が必ず出てくるはずである。
ご利益はその祈願が大変であればあるほど、
より実感をもったものになるのだ。
ポチッと参拝で満足する人、遠くの神社まで参らないと
気が済まない人、色々な祈願の形があっても面白い。


それよりも、一年の挨拶である初詣に、
明治天皇を祀る初詣ランキング一位の神社に赴くよりも、
ネットでもいいから故郷の氏神様を検索してお参りしてみる、
なんてことのほうが、案外重要なのかもしれないな。

はてさて、今宵は他国の聖者の誕生日。
色々なケーキが楽しめる日である。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。