2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の初詣は、諏訪大社上社本宮に参った。
妻の実家から車で5分、のところが30分以上掛かってしまった。
元旦のお昼時なので大渋滞だったのだ。
徒歩でも行ける距離なのだが、その日は二人とも着物だったので、
車にしたのが大失敗。
這々の体で車を停めたのだ。
だが、案の定諏訪大社も初詣客で一杯。
諏訪大社は、大きな東鳥居の通りに屋台が沢山出ているので、
参道には溢れかえるばかりの人人人。
その参道の先には拝殿まで続く行列。
こりゃダメだ、と我々は、北鳥居から境内に入る。
ちなみに、すっかり裏道になってしまっている北鳥居だが、
諏訪湖にの方角の北鳥居こそが、正規の参道とする説もあるのだ。

境内ではやはり列に並び、一年の無事を祈る。
いやはや、普段は閑散とした神社ばかり参っているので、
すっかり疲れてしまった。



061217_0448.jpg


さて、本題はその閑散とした年末の諏訪大社。
早朝に上社本宮に訪れた時のこと。
人もまばらな境内で、神職たちが掃除に勤しんでいた。
拝殿の斎庭ゆにわの掃除に入る前に、
皆で集まって並んだ。どうやら祝詞をあげるらしい。
拝殿に向かって祝詞をあげたその直後、
くるっと”右にならえ”、拝殿横の山に向かって、恭しく頭を下げた。

これこそが、諏訪大社の真の御神体、硯石なのである。

061217_0449.jpg


山の手前に木の玉垣で囲まれた岩があり、
この岩を硯石と呼ぶ。
本来はこの硯石に向かって参拝していたのだ。

このことは、江戸時代初期、織田軍に焼き討ちされた上社を、
徳川家康が再建した際、まずこの硯石の正面の門を、
再建したことがポイントだと思う。
慶長13年(1608)再建の、この「四脚門しきゃくもん」は、
現在残る社殿の中では一番古い建造物なのである。

何時のまにやら硯石を脇に見る場所に拝殿ができてしまったのだが、
これは、現人神とされた大祝おおほおり諏訪氏の居館である、
諏訪大社上社前宮を崇拝対象にしたものであろうか。
大祝諏訪氏は、諏訪では絶大な権力を持っていたのだが、
諏訪氏が権力を握る前は、本宮の西隣、
つまりは磐座いわくらである硯石と、
その背後に控える守屋山を御神体にしていたと考えるのが、
自然なのである。

現在の境内配置では、東鳥居の南にひっそりと修験門があり、
修験門から真っ直ぐ進むと四脚門、その正面に硯石がある。
人知れず、守屋山崇拝の道も確保しているのだ。



私は、元旦の初詣の際、誰も通らない四脚門から、
守屋山に向かって頭を下げたのであった。





















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。