2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新潟での夜は、野営とした。
弥彦山の麓、だだっ広い砂浜の片隅で、
太古の昔、遙か海の彼方から流れ着いてきた人々、
瞬く星々と寄せては返す潮騒にその姿を想い微睡み、
いつしか夜は明けていた。

目を覚ますと、一面の青空。
昨日のもやの掛かった天気が嘘のようだ。
私は車を走らせた。

目指すは弥彦山頂。
弥彦神社側からロープウェイも出ているが、
車でスカイラインを登ることも出来る。
昨日は時間の都合で登頂は諦めたが、
そのお陰で晴天に恵まれた。
これは何かのお導きに違いない。

山道を飛ばしていると、後ろから走り屋のGT-Rが追いついてきた。
張り合うつもりなどサラサラ無いので、道を譲る為に路肩に。
開けた場所から眼下を臨む。
空が近い。山頂ははもうすぐだ!

060902_7675.jpg


060902_7679.jpg


山の上の駐車場に車を停めて、
クライミングカーに乗って頂上付近に至る。
乗車場に未来型展望台、パノラマタワーが
にょきっと建っていたが素通り。
遮るものの何もない山の上にいるのに、
なぜにガラス越しのパノラマ風景を見る必要があろうものか。
まったくもって無駄である。

気を取り直してハイキングコースを歩く。
乗車場から目的地まで、実は結構歩くのだ。
朝方だったため、ウォーキングの人々と沢山すれ違った。
軽装で颯爽と歩く地元の人たち。
とても気持ちよさそうだ。

060902_7704.jpg


そろそろかな、と思った頃に、
注連縄の結界が見えてきた。
ここから先は神域だ。
しばらく行くとコンクリート製の鳥居。
ここ弥彦山頂は弥彦神社奥宮(御神廟)が鎮座しているのだ。

060902_7685.jpg


山頂の開けた場所に10m四方の玉垣、
そして南に向かって鳥居が建っている。
玉垣の中は木が鬱蒼と茂り、何があるのかはよく分からなかった。
磐座でもあるのだろうか?それとも墓所か?
いずれにせよ、ここに伊夜比古神が祀られていることは間違いない。
この地に立てば、ここが王者に相応しい場所であることは、
一目瞭然なのである。

060902_7682.jpg


眼下に広がる穀倉地帯。
色付き始めた稲穂が黄金色に輝く。
古代も今も、ここから眺める風景は、
そんなに変わってはいないはずだ。

060902_7689.jpg


そして反対側には大海原。
佐渡もはっきりと見ることが出来る。
佐渡国一宮、度津神社はどの辺りだろうか。
五十猛命を祀る式内社である。
正月には弥彦のカラスが度津神社へ渡るという伝承があるそうだ。

自分たちの作った土地と、自分たちの渡ってきた海。
その両方が手に取るように望めるこの弥彦山が、
この地の聖域であることを、心の奥から実感できた。

060902_7723.jpg


遠く弥彦の山を眺め、豊かな実りに感謝する。
これこそがまさに信仰の原点というべきものだろう。

060902_7716.jpg
























管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。