2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回、前々回の日記で弟橘媛と橘樹神社について書いてきたが、
今回はその時知った不思議について書こうと思う。


実は、橘樹神社で私はある女性に会った。
現代の弟橘媛、、、ではなく地元の奥様だったが、
携帯で社殿の写真を撮っていたので、
郷土史に詳しいのかと思い、訪ねてみたのだ。

その方は、謙遜しながらも色々と教えてくれた。
先の子母口貝塚も、富士見台古墳もそれによって場所を知った。
そして、弟橘媛にまつわる会話の中で、
ひとつ興味深いことを教えてくれた。
昔は母に連れられて、橘樹神社の他にもう一カ所、
ここではない場所へも参拝しに行っていた、とのことだ。
それは弟橘媛を祀っていたとか、媛の母を祀っていたとか、
昔のことで曖昧だが、そういう記憶があるという。

私はこの日の締めとして、わずかな手がかりをもとに、
その神社を探してみることにした。


尻手黒川道路を川崎方向に進むこと15分、
井田の手前にある某寿司屋の裏手にその神社があるとのことだ。
暮れゆく幹線道路を私はキコキコと爆進した私は、
件の寿司屋を見つけたことには見つけたが、
その裏に神社など無くボーゼンとした。
いや、正確には周辺に熊野神社があったが、
ガレージのような造りに変わっていて、
とても橘樹神社と並び称される神社には見えない。
もしかして宅地開発の波に飲み込まれてしまったのか。

どうも違う気がしたので、初老の男性をつかまえて訪ねてみた。
が、ヤマトタケルや弟橘媛に関わる神社は
子母口の橘樹神社以外は聞いたことがない、と言う。
男性の家自体は、昭和40年頃に引っ越してきたらしく、
古い歴史は分からないと言っていたが、
近隣に住んでいるなら話くらいは聞いたことがあってもよさそうだ。
困っていると、山の麓に八幡様ならある、と情報を教えてくれた。
山の麓なら、かなりの歴史深い社なのではないか?
何はともあれ、私はそこを探すことにした。

下校途中の中学生たちの間を縫って、
話にあった山と思わしき場所を目指す。
そこは、マンション工事の進む真っ直中の山であった。
山の中腹に鳥居が見えたので近づいてみると、
これが30°以上ありそうな急傾斜の参道。
八太神社となっている。
八幡神社ではないが、立地は男性の話と一致する。
地元では八幡様で通っているのかもしれない。

麓は自転車を停められる雰囲気ではなかったため、
30°を押して登った。 
(ふう、この日は坂ばかりだ…)


070219_9065.jpg


坂は10mほどしかなく、すぐに鳥居にたどり着いた。
奥に見える社殿は、民家みたいな造りで、
玄関先に賽銭箱と八太大明神と書いた額が掛けられている。
社殿に比べ境内の広場は広く、何かを焼いた跡がある。
どんど焼きの名残のようだ。

社殿には見るものは特になかったが、
鳥居横の狛犬は興味深かった。

070219_9050.jpg


070219_9052.jpg

 

鼻が根本から折れているとは言え、
まさしく橘樹神社の狛犬と同じ山犬だった。
特に下手の親子狛犬は、子犬のじゃれ方もそっくりだ。
橘樹神社で出会った女性の言っていた神社は、
ここ八太神社と考えて間違いないだろう。

しかし新たな疑問が生じてしまった。
山犬はヤマトタケルに関連のある狛犬だから、
八太神社はヤマトタケルに所縁のある神社である、
と考えてもおかしくはないだろう。
だが、地元での呼称は八幡様である。
八太は”ヤブト”と読むのだが、ハタとも読め、
実際そう読む地名もある。
八幡も”ヤハタ”と読む場合があるように、ハタが関係している。
そして八幡といえばやはり、古代渡来氏族・秦氏だろう。

前回の日記で出てきた徐福は、秦氏との関連が指摘されている。
先の女性の言うように、八太神社が橘樹神社の祭神、
もしくはその母を祀っているとすれば、

橘樹神社の祭神=橘樹郡の首長=秦氏の一族

となるが、不勉強で私にはそれ以上のことは分からない。
それに、神奈川神社庁によると、八太神社の祭神は
天太玉命(あめのふとたまのみこと)となっている。
これは忌部氏の祖とされる神なので、
ますますややこしくなってしまうばかりである。

もちろん長い歴史の紆余曲折の中で、
色々と書き換えられていったものもあると思うが、
ここまでキーワードがごちゃ混ぜになっていると、
なにがなんだかさっぱり分からないものだ(^^;


多くの謎は残ったままであるが、
今回の散策で新たに知ったことも多かった。
引き上げる頃には辺りはすっかり暗くなっていたが、
なかなか有意義な時間の使い方だった。
私はすっかり満足して帰路についたのであった。





















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。