2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


燃える松明を掲げた行者を先頭にして、
柵と注連縄で結界された四角い空間に、
行者一行が入っていった。

南西の端から入った一行は、結界の中をぐるりと周り、
それぞれの定位置に落ち着く。
北に祭壇、真中に護摩壇、南に大導師の座が用意されていた。

012_070311__CRW_5797.jpg



いよいよ柴燈護摩行の奉修が始まりである。

大導師に付き従っている先達が、見事な口上で進行を務めていく。

「○○山の△△行者、この度のお勤めご苦労でござる。」
「うけたまわり候」

おそらく相手も、相当修行を積んだ行者なのだろう。
強く、澄み切った返答に、計り知れない力を感じる。
どこの所属なのかはちょっと分からないが、
何人かそのような受け答えがあった。
全国から名のある行者が集まっているのかもしれない。


015_070311__IMG_0440.jpg



祭事は次々と進んでいく。
斧を担いだ屈強の行者が護摩壇の前に立ったかと思うと、
渾身の力で幾度となく振りかぶる。
煩悩を断ち切る斧である。

法剣でも同じことをし、その次は弓を持った行者が、
護摩壇に向け矢を放つ。
南東の角から順に、全ての角で矢を放つ。
最後に護摩壇の目の前で、天に向かって矢を放つ。
見事。
鋭い動きで放つ矢は、空気を切り裂き護摩壇に刺さった。
見ているものをも魅了するほど、清々しい所作であった。

016_070311__IMG_0460.jpg


017_070311__IMG_0454.jpg





019_070311__IMG_0470.jpg


そして、遂に護摩壇に火が点される。
先の雨で湿っているのか、堆く積まれた杉の葉には、
なかなか火が付かない。
やっとの事で白い煙が立ちのぼり始めると、
護摩壇の火に当てるために、梵天の御輿が護摩壇を回り出した。
周囲の行者達が一斉に錫杖を鳴らし、マントラを繰り返す。
その絶えることない独特のうねりの中を、
梵天を担いだ行者たちが、何度も何度も護摩壇を回り、
御守札に霊力を注ぎ込む。

011_070311__IMG_0477.jpg


010_070311__CRW_5805.jpg





020_070311__CRW_5816.jpg






行者達に呼応したのか、燻った火が勢いを持ち始め、
白い煙が天高く昇り始めた。
大導師の祈祷も、どんどん力を増していく。

021_070311__IMG_0498.jpg


022_070311__IMG_0497.jpg







つづく

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。