2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


023_070311__CRW_5823.jpg



大導師の祈祷も佳境に入ったようだ。
立ち上がり、法剣を振るう。
法剣で護摩木の封を切り、マントラを称えながら
護摩壇に向かって投げ入れる。
護摩壇の左右からも行者たちが護摩木を投げ入れ、
火力は益々激しくなった。

灰と煙と熱気が凄い。
私は大導師のすぐ後ろにいたので、
風向きが変わるともろに熱を受ける。
流石に大導師の老体には応えるのであろう。
時々付き添いの行者が菅笠で、大導師の顔を庇っているようだ。


026_070311__IMG_0491.jpg

024b_070311_IMG_0492.jpg

027_070311__IMG_0531.jpg

028_070311__IMG_0530.jpg

029_070311___0545.jpg



結界内は荒れ狂う劫火に苛まれた。
灰が飛び散り煙が目に染み、熱が行者の法衣を焦がす。
私の回りの観衆も、ひとり、ふたりと退散していく。
火を鎮めるために行者が阿伽(あか)と呼ばれる水をかけ、
鍬のような法具で火を整える。
修行を積んだ行者でも、やはり炎には耐えられないのか、
なかなか護摩壇に近づけないようだ。
顔を背け、手を伸ばして杉の葉を火に押し込む様子には、
見ているこちらも苦しくなる。




やがて、行者たちと観衆の見守る中
火は落ち着き護摩壇は白い灰の野と化していくのであった。

030_070311__IMG_0519.jpg



つづく

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。