2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月のはじめに新潟を訪れた。
昼からの仕事だったので、早朝に新潟入りして、
越後国一宮弥彦神社に仕事の無事を祈願することにした。

弥彦神社は中越の西蒲原群、その名も弥彦山に鎮座している。
長岡市から信濃川に沿って北上すると、
河口近くにぽっこりと形の良い山がある。
そこが弥彦山である。

祭神は中世以降は天香山命(アメノカゴヤマノミコト)。
天香山命は、神武天皇の大和(奈良)入りのあと、
大和から越後開拓を命じられて、
越後地方の開拓につとめたとされている。

060827_7347.jpg


境内入り口の朱塗りの大鳥居の脇には、
菊の御紋の灯籠が威風堂々と建っており、
社格の高さを物語っている。
鳥居を潜り、よく整備された参道を歩くと、
これまた立派な神門が見えてきた。

060901_7355.jpg



060901_7356.jpg


心なしか神門脇の狛犬も、威厳に満ちて見える。

拝殿は弥彦山を背にするように建っていた。
やはり弥彦山を神体山にしていると考えて間違いないだろう。
早朝だというのに参拝者は絶えず。
昇殿参拝者もひっきりなしだった。

ふと気が付いたのだが、略式参拝の人は二拝二拍手なのに対し、
昇殿参拝の人は二拝四拍手を行っているようだ。
詳しく聞こうと思ったが、もう御朱印をもらった後で
切っ掛けが掴めず諦めた。
二拝四拍手といえば宇佐神宮と出雲大社が有名だが、
それ以外には知らなかったので意外だった。
この二拝四拍手に秘められた共通項は一体何だろう?
(*後で電話で確認したところ、弥彦神社に関しては、
二拍手を二回重ねて、より一層の敬意を表しているそうだ。)


実は祭神の天香山命は中世以前は、
伊夜比古神(イヤヒコノカミ)を祀っており、
この伊夜比古神は大屋毘古神、または五十猛命かもしれないのだ。
五十猛命は志賀島の海人、阿曇磯良(あづみのいそら)、
別名、磯武良(いそたけら)と同一人物ではないか、
ともいわれていて、安曇族との関係が示唆されている。

日本書紀の記述では、
五十猛命は素盞嗚尊の御子神とされており、
共に高天原から新羅に降臨したが、
素盞嗚尊が「ここにはいたくない」と言ったため、
改めて出雲に降り立った。
そして、高天原から持ってきた樹木を、
九州からはじめて全国に植えたので、
日本は樹木の生い茂る国になったというのだ。
いわゆる樹木の神なのだが、日本に農耕に関する文化を伝えた、
とも考えられなくは無いだろうか。

網野吉彦氏の研究によると、
古代の海運は河口を中心に栄えていたという。
もちろん大河を使った水運も含めてのことである。
河川の要所には牧と呼ばれる馬の飼育場があり、
それらを起点に馬を使った物流網が出来ていたという。
日本一長い信濃川の河口に位置する弥彦山は、
海人族の拠点として相応しい土地のようにも思えるのだ。


天香山命は中央の圧力によって
地元神と習合された後の名前だとする。
ではそれ以前の神とされている、伊夜比古神、
越後に上陸して文化を伝え、開拓していったこの人物こそが、
弥彦山に祀られている本当の神なのであろう。

遙か遠くの国から流れ着いた人物、
その真偽はさておき、なんとも浪漫あふれる話である。
古代のことは、知れば知るほどややこしくなっていくのだが、
それこそが人を惹きつける魅力なのだろう。

060901_7366.jpg


参道を歩いていると、二拝四拍手が聞こえたので行ってみた。
そこには境内の末社八柱が集められた区画があり、
各社ずらっと並んだ様は壮観であった。
各社それぞれの前で祝詞をあげて順々に参拝していた人がいて、
それはそれは神々しい光景だった。

さて帰ろうと思い、裏道を駐車場に向けて歩いていくと、
何やら怪しげな小道にさっきの人が入っていくのが見えた。
興味を持って見守っていると、
やはり同じように祝詞をあげてお参りしていた。

060901_7372.jpg


たまたま近くに境内配置図があったので確認すると、
その小道には×印が付いていて、祭神も何も書いていない。
何だろう?
小道を進んだ先にあったものは…

060901_7375.jpg


朽ち果てた狛犬に守られた鳥居の奥に、
こんもりと土が盛られていた。
小さな社の前に立てられた幣束に木漏れ日が降り注ぐ。
あまりの美しさに、思わず手を合わせてしまうほど。
さっきの祝詞の霊力が、まだ残っていたのだろうか?
こういう光景に出会えると、その日一日が清々しく思える。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。