2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


護摩壇の灰はもう煙を上げることもなく、
一般の観衆の行列もすっかり捌け、思い思いに帰って行った。
会場の隅に控えていた消防車も、そろそろと走り去り、
跡には穏やかな安堵が充満していた。

行者たちは最後に一斉に法螺を吹き鳴らし、
行事の終了を告げる。

後は不動院に帰るのみだ。

来たときと同じように列を組み、
来たときと同じ道を戻る。
違うのは、無事荒行を成し終えた
行者たちの面持ちだけだった。

050_070311__CRW_5857.jpg


夕陽に照らされた一行は、
狭い歩道を列を乱さず帰って行った。

051_070311__CRW_5862.jpg




不動院にたどり着くと、大導師を中心に集まった。
最後の読経が澄み切った青空に、
いつまでもいつまでも響き渡った。

052_070311__CRW_5865.jpg


大導師が指導の言葉をかけ、解散。
修験者の多くは民間信仰者。
行が終わると普通の人の顔に戻り、
普段の生活に戻っていくのだ。



解散の声と、行者たちの笑顔を見て、
私もドッと座り込んだ。
とにかく昼前から飲まず食わず。
そのうえ、朝の寒気に服を着込んで来ていたので、
暑くて暑くて堪らない。
ある意味修行だ。





では。

早速精進落としに取りかかろう。
門前街には雰囲気の良い店が沢山あるじゃないか。
奇しくも高尾山は冬そばキャンペーン中である。
私は一番旨そうな店に入り、
とろろそばの大盛りで注文したのであった。






048_070311__IMG_5769.jpg


















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。