2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


070401_7170.jpg


神事は荘厳な雰囲気の中、始まった。
鉄板貼りの八角形の社殿の内部は、中心に炉と吹差ふいごを備え、
正面に腰を据えた神官が、火打ち石で火を熾す。
火種から火を熾し、社殿の外に並んだ篝火に火をつけた後、
炉に火を移しふいごで風を起こすと、
あれよあれよという間に火が勢いを増していく。

かなまら祭の始まりだ。

070401_7186.jpg



4月の第1日曜日、川崎大師にほど近い若宮八幡神社摂社、
金山神社で執り行われる祭である。

神官が炉に奉納された絵馬を投げ入れる。
側に山積みにされている絵馬は、
主に子授けや安産の願いが掛けられているようだ。
これは、金山神社の祭神、金山比古神ならびに金山比売神が、
鍛冶と性の神として信仰されているからである。

社殿の奥では、神官たちが祭祀を進めていく。
祝詞を奏上し関係者による玉串奉奠。
その間も、炉の前の神官はふいごを操り、
大量の絵馬を焚いていった。

070401_7179.jpg



炉に火を入れ篝火に点火する”御火取祭”が終わった頃には、
境内は大勢の観客にあふれていた。
決して大きいとは言えない境内、もう身動きも取れないほどだ。
このお祭りは、御輿の練り歩きが有名で、
特に海外から沢山の見物客が訪れる。
司会進行も日本語と英語を駆使し、とてもインターナショナルだ。

金山神社の左脇、若宮八幡神社の社殿前で、
稚児舞が奉納される。
白と赤の巫女装束に身を包み、額には金の髪飾りがキラキラと揺れる。
相当練習したのであろう、幼いながらも凛々しく清々しい舞。

070401_7191.jpg



絶賛の拍手が続く中、「おか~さ~ん!」と走っていったのは
ご愛敬である。





070401_6229.jpg


しばらくすると、御輿に御霊を入れる儀式が始まった。
境内に並べられた御輿は3台。
それぞれ特徴的な形をしている。
性の神様らしく、男性器の形である。
3台の中で、一番最初に御霊を入れたのが、
おそらくメインの御輿なのであろう。
金山神社の額を頂く社の中には、木で出来た荒削りの男根像。
そしてその前には鉄製の魔羅、つまり”かなまら”である。

070401_7199.jpg


祝詞を奏上し、玉串を捧げ、いざ御霊を入れる。
「ぅぉおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ~」
突然のことに、ぞくっと身震いした。
ひげ面の大きな神官が、腹の底から雄叫びを上げたのだった。

070401_6252.jpg


他の2台の御輿は、先のかなまら大御輿とは離れた位置にあった。
どちらとも、先の御神体よりも大きく、分かりやすい形をしている。
片方は漆黒で艶々と、舟の上に直立しているかなまら舟御輿。
もう片方はピンク色でむき出した。





















070401_6247.jpg


その名をエリザベス御輿と言う(笑)

つづく
























管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。