2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「昔はこんなに人は来なかったんだ。」

振舞われたにごり酒を飲んでいた時、
隣に居た初老の男性が語りかけてきた。
「鉄工所をやっていてね、昔からこのお祭りは見てきたが、
 いつのまにやらこうなってたよ。」

金山神社の祭神、金山比古神・金山比売神は
その名の通り、金属工業や鍛冶の神様である。
吹差ふいごを操り火を生み出すことが性行為を連想させ、
(吹差ふいごは、箱から飛び出たハンドルを
 前後に出し入れすることで風を起こす)
それが安産、多産の信仰へと繋がったようだ。
ちなみにイザナミが火の神ホノカグツチを産み、
出産の際の火傷に苦しんで出した嘔吐物が、
金山比古・金山比売である。

社殿も鍛冶場をイメージしたものだし、
絵馬殿には金床(鉄を打つ台)と男根が合体したものが置いてある。
それが性の神様としての認識が大きくなったのは、
やはりかなまら祭の影響が大きいだろう。
江戸時代、川崎宿の飯盛女(売春婦)の願掛けにより、
始まったとされるかなまら祭。
伝統ある行事ではあるが、さすが性の祭だけあって寛容で、
女装クラブ・エリザベス会館の奉納をも受け入れた。
それがモロ出しピンクのエリザベス御輿なのである。
そのような性的嗜好を受け入れた先進性が注目されたか、
もしくはエリザベス御輿の非常に分かりやすい造形が目を引いたか、
とにかくかなまら祭はメディアに露出する機会が多くなった。
特に海外では、”歌麿フェステバル”として
脚光を浴びるようになったようだ。
また、1998年に男性同士のカップルが神前結婚式を挙げたことや、
先代宮司が、性病の神様としてエイズ問題に取り組んだことも、
金山神社の知名度を高めることになったのだろう。

鉄工所のおやじさんたちや、地元の信奉者の手を離れて、
かなまら祭は今や世界的に有名なフェステバルとなったのだ。




和太鼓の演目が始まり、境内がざわめきだした。
人が境内から街中へ移動し始める。
そろそろ出発だ。
鳥居から真っ直ぐ伸びた参道の先、
人の波の隙間から、チラリチラリ御神輿が見える。
錫杖を突いた先達、大きな扇を抱えた神官、
背の高い天狗面の猿田彦、朱の傘の祭主、
黒い男根舟形御輿、次の御輿は御神体かなまら、
その先にかすかに見えるのは、人波にそそり立つピンク。
桜の咲き乱れる境内を、勢いよく飛び出していった。

070401_6268.jpg

070401_6309.jpg

070401_7258.jpg



行列はしばらく真っ直ぐ進んだ後左に曲がり、
川崎大師の門前街に入った。
趣のある商店街を3体の男根が練り歩く。
先頭の黒は凛々しく、真ん中のかなまらは荒々しく、
しんがりのピンクは華やか(?)に。
「でっかいまら!かなまら!でっかいまら!かなまら!
 でっかいまら!かなまら!でっかいまら!かなまら!」

070401_6297.jpg

070401_6353.jpg

070401_6362.jpg

070401_6367.jpg

070401_6374.jpg


行列は周りを圧倒しつつ練り歩き、
川崎大師の横まで行くと引き返した。
御神体のかなまら様の御輿は、
辻ごとに担ぎ手が交互に飛び跳ね揺さぶる。
奮い立たせるように。いきり立たせるように。
かなり激しい運動であることは、見ている側でも想像できる。
その為か練り歩きも後半になってくると、
担ぎ手が疲れ果て、御輿は制御を失い右へ左へ蛇行する。
時にはその場で崩れかかり、傾いたまま止まってしまうこともあるが、
観衆の声援を浴び、精力を振り絞ってムクムクと立ち上がる。
あたかも、、、いや、例えるのはやめておこう(笑)

正直なところ、こんなに激しい祭だとは、夢にも思わなかった。
一方、エリザベス御輿の方はすこぶる楽しそうだ。
ピンクの衣裳をヒラヒラさせ、化粧をバッチリ決め込んで、
観衆の黄色い声に手を振りながら、それでいて野太い声で、
「でっかいまら!かなまら!でっかいまら!かなまら!」
この時ばかりは男としての本性が出てしまうようだ。
周りの人も浮かれて踊り出すしまつ。
「でっかいまら!ちっちゃいまら!」
エリザベス御輿の周囲には、妙な一体感が充満していた。

070401_6415.jpg

070401_6420.jpg


鳥居をくぐり、行列は境内に戻ってきた。
広い街中と違って、境内の空間は狭い。
私は「まずいかな」と思いつつ荒ぶるかなまら様の側にいたが、
案の定、精根尽きてフラフラの御輿はぐらつき、
何度も周りの観衆を巻き込みそうになる。
私はその都度、植木の中に押しやられ、体中が痛かった。
そのような中、最後の一仕事。
御輿の担ぎ手たちが、一斉に上下運動を始めたのだ。
御輿はグラングランと揺れ動く。絶頂に達するがごとく。

大歓声の中、祭は終わった。
始まる前の厳格な表情とは打って変わって、
とてもにこやかな顔をした祭主の女性から
一言、挨拶があった。

「ごちそうさまでした。」

070401_6422.jpg

070401_7286.jpg

070401_7272.jpg


もうお腹いっぱいである。

 完




















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。