2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



天候はさらに悪化し、雨もどんどん大降りになってきた。

午後からの神事は今宮神社の社殿前で行われるのだが、
あまりに雨が酷いので、急ぎ社殿前にテントを移動、
関係者総動員のお仕事だ。
なんとか境内も落ち着きを取り戻してきた頃、
秩父神社の関係者が今宮神社にやって来た。
きっと今頃は、秩父の街を神官たちの行列が練り歩いていることだろう。

今宮神社の龍神祭の同日午後、秩父神社では御田植祭が執り行われる。
白装束に身を固め、鍬に見立てた竹を持つ神部たちの行列は、
秩父神社を出て今宮神社で水幣(みずぬさ)を受け取り、
秩父神社の鳥居から社殿に至る参道を、
田植えの所作をして歩くのだ。
今宮神社で水幣を受け取ることにより、
秩父の田圃に水が張るということである。

20070404-135008.jpg


飴色の装束を纏った神官が、榊を手に今宮神社の境内にやって来た。
続いて山吹色の神官と白装束の神部たち。
長持を担いだ者もいれば、太鼓を鳴らす者もいる。
一行は朱の鳥居を潜り、社殿前の急設テントの下に整列、
今宮神社の神職たちと対峙した。

20070404-135444.jpg

20070404-140100.jpg


大きな幣が秩父神社の神官から今宮神社の宮司に手渡され、
奥の本殿の安置された。
これから神事を執り行い、この水幣に魂を込めるのだ。
献餞に続き、宮司による祝詞奏上。
秩父神社の神官や氏子たちも拝殿に上がり、
次々と参拝していく。

一通りの儀礼が終わったあと、本殿から御神酒がおろされた。
神職たちに盃が配られ、御神酒が振る舞われる。
寒い中を雨に打たれて歩いてきたのだ、
御神酒によって緊張の糸がほぐれたのだろう、
皆の顔に笑顔が浮かんだ。
神事の最中とはいえ、しばしの歓談の時である。

20070404-144010.jpg

20070404-144138.jpg

20070404-144152.jpg


そして神事は最後の時を迎えた。
今宮神社の宮司が拝殿にあがり、
奥の本殿に納められた水幣を携えてきた。
秩父神社の神官が恭しく頭を下げ、水幣が与えられる。
これにて武甲山の水が秩父の土地に満たされるのだ。

20070404-144646.jpg

20070404-144800.jpg

20070404-144746.jpg


結局空は荒れたまま、行列は雨の中を秩父神社に帰って行った。
神社に着いた後は、雨に打たれながらも、
田植え歌を歌いながら、稲を植える所作をして歩くのだ。
秩父の春の訪れである。

龍神が水を与えることを象徴するような天気の中、
水分神事は幕を閉じたのであった。

20070404-145308.jpg



 * * *

帰り道、温泉につかってゆっくりした私は、
境内に忘れ物をしたことに気がついた。
山道を途中まで来ていたが、やむなく引き返すことに。
山道を抜け、視界が開けてきたころ、
ふと空に目をやると、秩父の空の雲が裂け
夕焼けに輝く空が垣間見えた。
どうも龍神様が微笑んでいたようだ。

神事によって目まぐるしく変わる天候に、
龍神様の存在を肌で感じたような気がしていた。
そんな後での夕焼け空。
とても素晴らしい体験が出来た一日であった。



















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。