2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070416-215658.jpg



高遠の桜は今が盛り。
夜の城址には人があふれ、
会社帰りの大人たちは騒ぎ、
恋人たちが愛をささやきあっている。
誠に結構なことである。

約四百年前、この城を舞台に血生臭い戦乱があった。
信玄亡き後の武田領に、当時最強の織田軍団が襲いかかった。
仁科五郎盛信をはじめとする、武田軍最後の精鋭たちは、
劣勢ながらも見事に戦い抜き、華々しく散っていった。
これを最後に武田軍は崩壊し、勝頼の自害をもって
甲斐源氏の名門、武田宗家は滅んだのだ。

そんな昔の話など、知っているのかいないのか、
高遠城は連日花見客で賑わい、人々は儚い夢に酔いしれる。
この地に眠る数多の魂も、自分たちの子孫が平和に暮らしている姿を、
枝の上から目を細めて眺めていることだろう。




















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。