2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月15日。

信濃ではまだ桜がチラホラと咲いているこの時期、
諏訪湖のほとりのお宮にて、古より伝わる神事が行われた。
諏訪大社御頭祭。
よく晴れ渡った、日差しの強い日曜日のことだった。

その日、早めに諏訪に入り、妻の実家に腰を下ろす。
駐車場の確保が心配なので、歩いて行こうと思っていたのだ。
だが心配はいらなかった。
古くから諏訪にすむ義理の両親たちでさえ、
この祭のことを知らないという。
案の定、駐車は十分に空いていた。
いまや地元の氏子よりも、他所からの来訪者の方が
地域の神事に関心を持つ時代なのだ。
早めに着いたので、守矢資料館に行ったところ、満員御礼。
一部の団体が「守矢の本当の祭神は誰か?」などと騒ぎ立てていた。
何のことかは想像つくのだが、それは筋違いというものだ。
早々に退散し、本日の主祭神と思われるミシャグジ神に、
撮影の許可と無事を祈った。


諏訪大社は諏訪湖を囲むように、4つの神社が鎮座している。
すなわち上社前宮、上社本宮、下社春宮、下社秋宮である。
御頭祭自体は上社前宮で行われるが、
その前に上社本宮で例大祭を行い、御霊代を御輿に乗せて、
前宮まで行列を作って移動するのだ。

神事は午後1時に始まる。
それまで上社前宮拝殿前に待機。
斎庭には既に御輿が用意されていた。
そして、拝殿下手の四脚門が開かれていた。
普段は閉ざされている四脚門。
諏訪大社の磐座、硯石の真っ正面に位置するこの門は、
江戸時代初期の社殿再建時に、真っ先に再建されたほど、
上社本宮にとっては重要な門だと思われる。
拝殿などができる以前は、この硯石に向かって
神事を行っていたと、文献にはあるそうだ。

20070415-124314.jpg


20070415-124950.jpg



徐々に大総代、氏子関係者が斎庭に集まってきた。
中でも、「黄丁」と呼ばれる黄色い装束を身に纏った一団が目を惹く。
彼らが御輿を担ぐ役のようだ。
太鼓がドーンと打ち鳴らされ、花火がパーンと打ち上げられた。
神事の開始の合図である。

四脚門から神官たちが斎庭に入る。
黒・藍・エンジ・白、装束の色は神職の位を表すようだ。
私は四脚門の外にいたので、斎庭の様子はほとんど見えない。
修祓で祓い清めた後、祝詞の奏上。
宮司が拝殿にあがり、朱の錦に包まれた御霊代を御輿に納めた。
「ぅぉぉぉおおおおおおおぉぉぅぉぉぉおおおおおおおぉぉ…」
雅楽の調べと共に、体格の良い神官が低く野太く叫ぶ。
神霊を御霊代に移すのだ。
何度も何度も繰り返される唸りにも似た雄叫びは、
粛々とした深緑の境内に鳴り響いた。

20070415-131216.jpg


  * * *

20070415-131606.jpg


本宮での神事も終わり、行列が動き出した。
四脚門から斎庭の外に出る。
御輿に先行する者達は、薙鎌、黒い羽の付いた竿(槍袋か?)、
矛を象ったもの、諏訪大社の梶の神旗など、
長ものを携えた者が多い。
狭い四脚門を潜り、さらに狭い「布橋」と呼ばれる回廊を
竿を倒して通るのは大変そうだ。
だが、もっと大変なのは御輿の担ぎ手たちだ。
御輿の高さギリギリの四脚門を抜けた先は、
幅もギリギリしかない布橋が待っている。
御輿は相当思いようだが、案外長い布橋を
休むことなく一気に抜けなければならないのだ。

布橋とは一体奇妙な名前だが、これは古来、
諏訪の現人神である大祝が神事の際、
この回廊に布を敷いて通行したことに由来するようだ。

聖なる布橋を潜り抜ける、黄色い一団。
担ぎ手たちは長く連なる。
あたかも穴から這いだした蛇のように見えた。
なるほど、これは冬眠から目醒めた蛇を表現しているのだ。
諏訪大社の現在の神、建御名方命が諏訪に侵入する以前、
諏訪湖畔にはモレヤ氏なる先住民がいて、
自然を神格化したミシャグチなる神を信仰していた。
そのミシャグチを象徴するものこそ、蛇だと言われているのだ。
自然神が冬眠から目覚め、活動を開始する。
諏訪の春の訪れは、この御頭祭に象徴されているのであろう。

20070415-131854.jpg

20070415-131926_1.jpg

20070415-132150.jpg


布橋を抜けると鳥居があり、鳥居から一直線に県道が延びている。
前宮まで約1.5km、起伏はあれど真っ直ぐなのだ。
往時は本宮から前宮まで、全てが諏訪大社の境内だった
というから驚きである。

20070415-133138.jpg


20070415-132904.jpg

20070415-135754.jpg


続く

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。