2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週末は山梨だった。

日曜日、陽のあるうちに仕事が終わり、時間をもてあます。
日中の暑さにまいり、どうこうする気もおこらない。
こういうときは決まって温泉でぼんやりすることにしている。

いつも行くのは甲府盆地の北東の山中、
「ほったらかし温泉」のこっちの湯だ。
この温泉は、今や関東屈指の人気温泉となり、
観光バスもひっきりなしに来るほどの発展を遂げたが、
数年前まではお風呂と駐車場しかなく、
本当に”ほったらかし”だったのだ。
それもそのはず、手軽に絶景が楽しめ、
それなりの風情がある日帰り温泉は、
私の知るところ、近辺に他にない。

私のような人間は、昔のようにほったらかされていて欲しいのだが、
そうはいかないのがこの世の常。何も言うまい。

とまぁ、それは良いとして、
温泉の麓には万力万葉の森なる公園がある。
公園の裏手には笛吹川が流れているので、
ちょっと立ち寄ってみることに。

笛吹川とは美しい名前であるが、その由来はもの悲しい。
昔、権三郎と呼ばれる笛の得意な若者が母と二人で住んでいた。
ある時洪水で母が川に飲み込まれてしまった。
一人残された権三郎は、来る日も来る日も笛を吹きながら、
母を捜し続けたという。しかし母は見つからず、
権三郎も、川に落ちて死んでしまった。
住民は、いつしかこの川を笛吹川と呼ぶようになったという。

私は初めて笛吹川の河原に降り立った。
これまでも気になっていたが、なかなか機会がなかった。
降りてみると、そこは両手で抱きかかえるくらいの大きさの
花崗岩がゴロゴロと転がってた。
これは、甲府盆地の釜無川では見られなかった光景だ。
私は足下の小石を探しはじめた。
笛吹川と言うからには、石笛が転がっていそうだ。
権三郎伝承に異を唱えるわけではないが、
伝承は時として、書き換えられる。
だが、思惑と違ったものに出会った。
道祖神である。

いや、正確には花崗岩が丸く削られたものである。
大きさは両の手の平でやっと包み込めるくらい。
これらが辻辻に祀られることによって道祖神となることは、
去年の夏に散々訪ね歩いたとおりだ。
また、お供え物のように祠の前に積み重なっていたり、
安産祈願のお礼に御供えしたという話しも聞いた。
大体の分布が笛吹川の流域なので、
おおかた川から拾ってくるのだろうと思っていたが、
いざこうして河原で出会ってみると、感動もひとしおだ。

丸い花崗岩はそこら中に転がっているわけではなく、
結構な時間河原の石を見て歩いた中で、
綺麗な丸い石はこのひとつだった。
最初は土地のものだから持って帰ってはいけないだろうと、
大石の上に置いていたのだが、
やはり気になり大石の方を見ると、
丸石もこちらを見ているような気がする。
これも出会いだ。と心定め、笛吹川の水で綺麗に清め、
連れて帰った。

道祖神を招いてしまったわけだ。
我が家に丁重にお祀りすることにした。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。