2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月1日

甲賀を出た私は伊賀を経て柳生に至った。
男子なら誰でもワクワクするであろう(笑)これらの土地は、
それぞれ滋賀、三重、奈良、と県は違うが、
実際はほぼ隣接しているといえる。

柳生の地に着いたのは夕方近くだった。
昼過ぎまで土砂降りだった雨も落ち着き、
時折雲間から青空が覗くほどになっていた。

柳生の地には何の所縁も調べ物もないのだが、
有名な神社があるので寄ってみる気になったのだ。

まずは柳生家菩提寺・芳徳寺に立ち寄る。
芳徳寺は最近資料館を増築したようで、
木肌がまだ新しい建物は清々しかった。
資料はこれといって記憶に残るものはなかったが、
秘蔵品の写真展示がやたらと格好良かったのを覚えている。
よくある説明的な平べったい写真ではなくて、
闇から浮かび上がるような刀の柄や秘伝書の描写は、
いろいろと想像力をかき立ててくれるものだ。
撮影者はかなりの使い手であることは間違いない。
私もいずれはそういう有意義な仕事をしてみたいものだ。



20070501-160036.jpg


境内の奥の山中には、柳生家歴代の墓所がある。
一応この地に足を踏み入れるのだから、
領主様に挨拶をしておこうという心積もりだ。
六地蔵の佇む石段を登ると、四角に区切った一角に
墓標や五輪塔が並んでいた。
柳生家は石舟斎宗厳以降、しばしば歴史書や、特に時代小説に
取り上げられること多いので、著名な人物が多い。
そのような墓標が整然と並んでいる光景は圧巻だった。
名だたる作家先生達もこの地を訪れているのだろう。
ちょっとおかしな表現だが、墓地が生きている感じがした。

芳徳寺から逆方向に山中を歩くと、
有名な天乃石立神社がある。
山道を歩くこと20分ほどか。
途中、霊園の側を通りかかったが、
きちんと区画された墓地には真新しい墓石が多い。
よく見ると赤文字の戒名が多い。
赤文字の戒名は、生前に頂いておくもので、
例えは悪いが新築マンションの入居予約みたいなもの。
この地の住人は、それほどまでに用意周到なのだろうか。

20070501-161948.jpg


山肌の茶畑を抜けると、天乃石立神社の鳥居に至った。
鳥居の先は急に深い森になっている。
参道の山道の右側は深い谷となっていて、
巨大な岩がゴロゴロと転がっていた。
谷間の木々の裂け目からあふれる光が、
それら岩を反逆光に照らしだし、
早くも神秘的な雰囲気を醸し出していた。

谷の始まりが御神体だった。
天乃石立神社の拝殿は、参道から歩くと
右手の御神体石を通り過ぎた位置にある。
つまりは今来た道に向かって拝む形になるのだ。
不思議な位置関係だが、光の差し込む方向だからか、
それとも柳生家菩提寺の方向だからか、は分からない。

20070501-163948.jpg

20070501-164144.jpg


上左(拝殿側)から、きんちゃく岩、前伏盤、
下左から前立盤、後立盤と名付けられており、
それぞれ、日向神社、天立神社、天石立神社、天石吸神社で、
祭神は天照皇大神、櫛盤門戸命、豊盤門戸命、天盤戸別命と、
それぞれ独立した神社となっている。
が、地元の人はきんちゃく岩以外をひっくるめて神戸岩と呼ぶそうだ。

これらの岩は大変美しい姿をしていた。
手力雄命が押し開いた天の岩戸の扉石が、
勢い余って飛んできたのがこれらの岩だと言うだけあって、
扉のような平たい形の岩が重なっている。
なめらかな表面にうっすらと苔が生えているその様は、
無機質な岩にも命が宿っているように感じられる。
午前の雨に湿った空気が、光をさらに演出していた。


   * * *


20070501-162424.jpg


境内をさらに進むと、そこには一刀石と呼ばれる岩がある。
あるいは、神戸岩よりこちらの方が有名なのかもしれない。
ある夜、柳生石州斎が、この地で修練中に天狗を仕留めた。
だが、翌日現場を見に行くと、仕留めた天狗はおらず、
代わりに大岩が真っ二つに割れていたと言うのだ。
さすがは柳生新陰流開祖、見事なまでの切り口である。

20070501-162748.jpg


というのは伝説だとしても、花崗岩は地表で空気に晒されると、
突如としてパキッと割れることがあるという。
いつから割れていたかは分からないが、
ある日突然割れていた、ということは大いにありそうだ。
光の差さない深い森の中、真っ二つに割れた大きな丸い岩は、
先ほどの神部岩とはまた違った、威厳にも似た佇まいを見せてた。

そしてその後ろの崖のには、小さな天狗の像が祀られていた。
全てを知っているような顔をして。

















管理者にだけ表示を許可する


Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。