2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月1日

今年の正月も諏訪で過ごした。
大晦日に諏訪入り。
二年参り(神社で日を跨ぐこと)はせずに早めに就寝。
元旦は早朝から諏訪大社本宮に詣でた。
日中になると大混雑になるのだが、早朝だと人もまばら。
参拝を済ませ、家族と別れて待機。
私一人残って特殊神事である「蛙狩神事」を見学するためだ。

8時半に南参道の御手洗川で神事が始まるとの情報を得ていたので、
7時半からベストポジションに待機。
こういう場合、三脚を設置して場所取りをする手もあるのだけど、
いつも三脚を持ってくるのを忘れてしまう。
同じく写真目当てのおじさんと他愛のないことを話しつつ、寒さに耐える…

8時半、太鼓橋に氏子役員を伴って神職がやってきた。
役員たちは太鼓橋に並び、神職は川の岸に。
氏子のうち二人が鍬を担いで川に入っていった。
御手洗川は細い水路状の川だが、神事を行う場所は丁度良く土が溜まっている。
そして驚くべきことに毎年必ず蛙が二匹出てくる。
この奇跡は諏訪の七不思議の一つになっているほどだ。

web_110101-083744.jpg


案外と蛙を掘り出すのに時間がかかった。
注連で結界している範囲を隈なく掘り起こし、やっと蛙を捕まえたようだ。
狩りの担当者は冷たい川の中に長時間手を突っ込んで大変そうだった。
まったく頭の下がる思いである。

web_110101-084120.jpg


捕まえた蛙を神職の持つ三宝に乗せる。
逃げないようにすぐさま板で隠して…って、蛙見れないのか、残念。
写真を拡大してみるとはみ出した足が見えるので、ちゃんと蛙はいるようだ。

三宝に乗せた神贄を掲げ持ち、布橋を通って四脚門から神前へ。
神贄を奉納する神事が始まった。
神前で小さな弓を射る所作をし、矢を蛙に突き刺す。
私は遠くから見ていたが、確かに矢が突き刺さっていた。

web_110101-084650.jpg

蛙狩神事の形式は時代によって変容しており、
かつては蛙を焼いて大祝と神官たちが食べていたこともあるそうだ。
春の御頭祭でも鹿肉を神前で分けあって食べていたそうなので、
諏訪の神事は神と共に獲物を食らうことを重要視していたのかもしれない。
蛙を食らうのは蛇。諏訪の神が蛇神とされてきたことを示唆する神事でもある。

奉納の後、引き続き「御頭御占神事」が執り行われた。
古い茶色の箱を台に乗せ、中から占い用具を取り出し、組立て始めた。
遠くからなのではっきりとは見えないが、
どうやら藁の馬に木の板を乗せ、それに小刀を当てているようだ。
他のサイトの報告も踏まえると、これに「内縣介」と書かれた紙を垂らすようだ。どうやら神使を模したもので、ミシャグチ神を降ろす儀式とされているらしい。

無事占いの結果が出たようで、神職が拝殿から外に向かって、
大声で結果を読み上げた。言っている内容は聞こえなかったが、
その場で占いの結果を発表するとは思っていなかったので驚いた。
昔はこれを聞いて一年の吉凶に一喜一憂していたのだと思うと感慨深かった。

web_110101-091110.jpg



Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。