2011/06/15 (Wed) ご挨拶
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その2
2011/05/13 (Fri) 東北巡礼 その1
2011/01/02 (Sun) 万治の石仏
2011/01/01 (Sat) 諏訪大社 蛙狩神事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web_081121_161812_2.jpg


前回の日記で、勝道上人の墓所を紹介したが、
そこから滝尾神社に向けて、石畳の道が続いてる。
この道は女体山への山岳修験の道で、
女体山の中宮に当たる滝尾神社を経て、女体山に続いているようだ。
この女体山信仰の道は、男体山の二荒山神社に対して、
「もう一つの日光」などとも呼ばれていたそうで、
前回の香車堂や、滝尾神社の子種石など、
どうも女性に関する信仰が多いようだ。


勝道上人の墓所で時間を費やし過ぎて、
いざ古道を歩き始めたころは、もう夕方になっていた。
夕方だからと言うわけではないだろうが、
他に人は全然いない。
若い男の子と、岩壁に向かって両手を広げている女性…だけだった。

若い男の子は、その場に似つかわしくない、
というか、どう見ても同業者だったので話しかけてみると、
映画のスタッフ(ADアシスタントディレクター)で、
機材番をしているらしい。
なんでも、小栗旬の主演の時代劇のロケをやっていたらしい。

…残念ながら、残り香すら味わえなかった。



web_081121_162308_004.jpg


滝尾古道は細かく見てくと色々と見所があるのだが、
その時はもう、ゆっくりと堪能している余裕はなかった。
(写真は途中で見かけた何やら曰くありげな石)
何しろ、杉の巨木に囲まれ真っ直ぐ伸びている石畳の道が、
どこまで続くのか見当もつかなかったのだ。
一応略図をプリントアウトしてきていたが、
略図は略図だけに、距離の間隔までもが略されていて、
とっくに着いているはずの滝尾神社に、いつまで経ってもたどり着かない。
しかも、三脚を担ぎながらの道程。
どこを切り取っても画になりそうなので、
どこもかしこも切り取りたくなってしまうのが悲しい性。
実際古道は見事なもので、晩秋の色枯れた木々でさえも、
沸き立つ情緒にあふれていた。

web_081121_162738_005.jpg




そうこうしているうちに、辺りはすっかり暗くなってしまった。
目的地まであとわずか、と思うと、引き返す気にもなれない。
あとちょっと、あとちょっとが命取りとは分かっていても、引き返せない。

おかげさまで、滝尾神社に着いたときには真っ暗になっていた。
何故そうまでしてここに来たかったか。
非常にしょーもない理由なのだけど…

滝尾神社の鳥居には、額束の真ん中に穴が空いていて、
ここに石を3度投げて、一度でも穴を通れば願いが叶うという。
俗に「運試しの鳥居」と呼ばれる。
ここに石を投げてみたかったのだ。


ちょうどとあるコミュで、鳥居に石を投げる習慣について、
の話題で盛り上がっていたこともあり、興味があったのだ。
そもそもそのコミュでは、関西では鳥居の上に小石を投げて、
上に乗れば願いが叶うという遊びが盛んなのだが、
関東ではやらないし、危険だから止めるべきだ、主張している人がいた。

で、調べてみると、関西以外の地方でも、この遊びはやっているようだったのと、
上に乗せるパターンの他にも、島木と貫(鳥居の上に乗っかっている横木)
を通れば良い、なんてパターンもあるようだ。
それらは民間習俗、特に子供の遊びとして広まった節があるのに、
滝尾神社では、それは公然のものとして、
しかも的として小さな穴まで開いているという。

どうもこの穴、単なる運試しとされているが、
女体山の中宮に有ることといい、
香車堂(矢のように子供が出てくる。)と同じ古道にあることといい、
どうも、「穴を通す」ことに意味がありそうだ。
つまりは、そういうことなんだろう。
おあつらえ向きに、この先には子種石がある。


で、石を投げた結果はどうなったか?

真っ暗で何も見えませんでしたとさ。
(写真だと明るいようだけど、これは長時間シャッター)

ただ、2発目は鳥居に当たって跳ね返る音がしなかったので、
きっと穴を通って向こう側に落ちたんだと思う。
ということにしておく(笑)


web_081121_164152_007.jpg




Design by mi104c.
Copyright © 2017 風と土の記録, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。